Photo:PIXTA

終身雇用が前提だった日本も、いまや2人に1人が転職をする時代。その転職先として、昨年話題となった“GAFA(Google・Apple・Facebook・Amazon)”をはじめ、外資系企業への関心が高まっています。しかし外資系企業への転職には、日本企業とは異なる意識の持ち方やノウハウが必要となってきます。そこで前回に続き鈴木美加子氏の著書『やっぱり外資系!がいい人の必勝転職AtoZ』(青春出版社)から、外資系企業で自分らしく働くための職場の選び方や転職ノウハウを抜粋して紹介します。

外資系企業の登竜門「英文履歴書」のポイントとは?

 前回は、外資系企業における日本企業との違いや、求められる人材について述べてきました。では、いざ外資系企業への転職を目指すと決めたとき、何から始めたらよいのでしょうか。

 まず、外資系企業で提出しなければならないのが「英文履歴書」です。一般的に、英文履歴書と呼ばれる書類には「カバーレター」と「英文履歴書本体」の2種類があります。具体的に、カバーレターとは自分の経歴と志望動機をアピールする書類で、英文履歴書本体とは応募者がこれまでの経歴を端的にまとめ、企業側に求人ポジションとの適合性を判断してもらうための書類です。