フィンテックPhoto:PIXTA

 銀行に敬遠される仮想通貨業者は往々にして、決済処理などの金融サービスを、えたいの知れない仲介業者の手に委ねる。仮想通貨取引所ビットフィネックスから顧客の資金が消えるという謎の事件を巡り、渦中にあるのもそうした業者の一つだ。

 人気の高い仮想通貨「Tether(テザー)」の取引を手掛けるビットフィネックスは、顧客の資金引き出しに対応するため、パナマを拠点とする決済サービス会社クリプト・キャピタルに8億5000万ドル(約930億円)を送金した後、資金にアクセスできなくなった。ニューヨーク州司法長官が先月、明らかにした。

 それ以降、クリプト・キャピタルの法的問題が明るみに出ている。米司法省は10月、ある企業の代理となり、アリゾナ州のレジナルド・ファウラー容疑者がある企業に代わって開設した複数の銀行口座を凍結した。司法省はその企業の名は明かさなかったが、4月30日に提出されたファウラー容疑者の起訴状に記載されたこの会社のウェブサイトに関する説明は、クリプト・キャピタルのものと一致する。一方、ポーランド当局はクリプト・キャピタルが保有する銀行口座にあった約2億7000万ドルを差し押さえている。

 ファウラー容疑者からコメントは得られていない。クリプト・キャピタルとビットフィネックスもコメント要請に応じていない。クリプト・キャピタルの所有者は不明だ。公開書類ではイバン・マニュエル・モリナ・リー氏が社長と記されているが、パナマの法律では名ばかりの取締役を挙げることが認められており、実質的な所有者の公表は義務付けられていない。

 ビットフィネックスがクリプト・キャピタルとの金融取引で陥った状況は、歴史の浅い仮想通貨ビジネスが抱える慢性的な問題を浮き彫りにしている。その問題とは、金融システムにアクセスしにくいことだ。不適切な取引を巡る多額の罰金でなお痛めつけられている銀行は、麻薬ディーラーや詐欺師などが好んで使う仮想通貨に関わって身動きが取れなくなることを警戒している。