これまで50の新規事業(企業内起業17回、独立起業19回、週末起業14回)に携わってきた守屋実さんの初の著書『新しい一歩を踏み出そう!』が5月15日にダイヤモンド社から発刊されました。守屋さんは、大学在学中から現在に至るまで、一貫して新しい事業だけをやり続けてきたという稀有なキャリアの持ち主。守屋さんの実績を表す一端といえるのが、創業に参画した2社が昨年上場したこと。2018年4月に介護業界に特化したマッチングプラットホームのブティックスを、5月に印刷・物流・広告のシェアリングプラットホームのラクスルを2社連続で上場に導く。本連載は、守屋さんのこれまでの様々な経験を踏まえ、主に若手ビジネスパーソンに向けて「仕事のプロ」になるための具体的な方法を伝授していきます。

 

感情が動いたら、とにかくやってみる

 「好き」をやってみる。

 講演などでこう言うと、「そもそも、何が好きか分からない」と言われることがあります。

 でも、「好き」って、そんなに大上段に構える必要はないというか、アタマで考えるものではなく、普通に生活するなかで、普通に感じるものなのだと思います。

 毎日の生活の中で、誰でも「これ、好きかも」「あ、面白そう」と思う瞬間があるはずです。その「感情の動き」で、十分です。

 それをきっかけに、何かしら行動を起こしてみる。こんなスタートで全然いいのではないでしょうか。何が好きなのかを考えすぎて、結局、身体が動かない。それが一番ダメです。

 「どうあるべきか、どうすべきか」
 「何を成し得るための行動なのか」
 「先々のキャリアにプラスなのか」
 「足元の損得はどうなのか」……。

 教科書的な話としては、いろいろあるのかも知れません。

 確かに、むやみやたらに動いて消耗するだけ、というようなことを繰り返したら疲れてしまいます。

 ただ、そういった心配よりも、もっと深刻なのは「感情が動いたのに身体を動かさない」ということを繰り返すことです。

 それを続けていると、やがて「動かそうと思っても動かなくなる」という日がやってくるからです。

 しかも、思いの外、早いタイミングに。

 だから、ここぞというときの一歩を軽やかに踏み出せるように、日々の一歩を踏み出すのです。