手術しても改善しない慢性腰痛患者は多い
手術しても改善しない慢性腰痛患者は多い(写真はイメージです) Photo:PIXTA

慢性的な腰痛のために整形外科を受診し、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断され、薬物治療や手術をしても一向に改善しないケースが多々ある。こうした事例について、石川県小松市で整形外科医院を開業する慢性腰痛の名医・加茂淳院長が「多くは誤診によるもの」と実例を交えて解説する。(医療ジャーナリスト 木原洋美)

名医を受診した患者の
誤診され率は100%

 ちょっと難しい話になってしまうが、慢性腰痛の治療には、医師も患者も「筋筋膜性疼痛症候群」を理解することが欠かせない。

「キンキンマクセイトウツウですか、キンが1個多くないですか。筋膜性疼痛ではないんですね」

 初めてこの病名を聞いた時、筆者は思わず、そう医師に尋ねた。

 しかし、この病気の腰痛版である「筋筋膜性腰痛」は、以前日経メディカルオンラインに掲載された『病名に「痛」がついた疾患で、受診者が最も多いのは?』という記事で、「筋肉痛」「神経痛」を抑えて第6位にランクインしていた。知名度は低くとも、患者数は多い、病院へ行かない患者まで含めれば、最も多い疾患かもしれないのである。

 石川県小松市で整形外科医院を開業する慢性腰痛の名医・加茂淳院長のもとには、全国から「何をやっても治らない腰痛患者」が殺到しているが、そこに至るまでの誤診率は、ほぼ100%。その多くは筋筋膜性疼痛症候群つまり極度の「筋痛症」だという。

 以下、典型的な症例を紹介してもらった。