新たに社長に就任した杉田理之氏
5月20日、新たに社長に就任した杉田理之氏。粉飾決算疑惑を問い詰める記者たちを前に「当社としては正常な取引だった」と主張。就任の抱負にあたって、難局を「誠心誠意で乗り切っていく」と述べた Photo by Rika Yanagisawa

建築資材流通大手のすてきナイスグループで粉飾決算の疑いが明らかになり、創業家のグループCEO、平田恒一郎氏が辞任した。問題の全容判明を待たずして、30年にも渡ってトップに君臨した平田氏が突然、辞任したことに、社内は動揺。取引先からは怪情報が流れるほど波紋が広がっている。(ダイヤモンド編集部 柳澤里佳)

「当社としては問題があったとは認識していない」――。建築資材流通大手であるすてきナイスグループ本社に5月16日、横浜地方検察庁と証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反の疑いで強制調査に入った。4日後の同月20日、同社はトップ交代を発表し、社長に就任した杉田理之氏は粉飾決算疑惑を問い詰める記者たちを前に一貫してこう主張した。

 一部報道によると同社は2015年3月期の有価証券報告書においてペーパーカンパニーを使って架空の不動産取引を行い、業績を水増しした疑いが持たれている。杉田社長は「関係資料が押収されて手元になく確認できない」と繰り返すばかりで、全容は未だ分かっていない。