自分の「バリュー」を上げるために
何をすべきか

 年功序列、終身雇用の世界では会社のいう通りにしていれば一定以上のポジションと待遇が得られるため、人材市場での自分のバリューなど気にする必要はありませんでした。

 しかし終身雇用を維持できなくなった現在、会社の中のキャリアだけを意識することは、リスクが高いことは明白です。もう「自分のキャリアは会社に全部お任せ」という人はいないでしょう。もちろん会社の中でのバリューも上げ続けなければいけませんが、やはり外部におけるバリューを上げていくことが非常に重要です。

 では何をすればいいかというと、まずは意図的に外に出るようにしないといけません。つまり、同じ会社の人とばかり飲みに行っていてはだめだということです。

 やはり外部の、自分に刺激を与えてくれるような人たちと接点を持ち、新しい知識を得たりトレンドを知ったりすることがとても大切です。そうした中で、自分のやっていることが陳腐化していると感じたり、また逆に当たり前だと思ってやっていたことの中に価値を見出したりするなど、さまざまな気付きが出てくるでしょう。

 そこから新たなビジネスにつながるかもしれませんし、良い転職につながるかもしれません。実際、優秀な人材はそうしたきっかけで転職するケースがよくあります。知り合いを通じた転職はリスクもあるので、全面的にお勧めするわけではありませんが、事実としてそうなっています。

 それは見方を変えると「プランドハプンスタンス」の実践ともいえます。