「週末はおろか、お正月も来年のGWも一人ぼっちなんて寂しい。彼氏がいない人生なんか考えられない!」

 A子の話が一息ついたところで、B子が旅行に誘ってきた。

「来年のGWさあ、タイのバンコクに行く予定だけど一緒に行かない?グルメにマッサージ、ショッピングもして…。そうだ!ついでにイイ男も見つけちゃおうよ」

「イイ男」という言葉に、乗り気になったA子は、彼女に尋ねた。

「いいわね!!B子が一緒なら心強いわ。でも今からツアーの予約取れるのかしら?」
「大丈夫。実はツテがあるんだ」

 翌日、B子から予約が取れたと連絡があり、GW中4泊5日のバンコク旅行をすることになった。

タイに来て2日目の朝、
ランチ場所を探していると…

 午前中、2人はカフェでジュースを飲みながら、ランチするレストランを探していた。B子はスマホを取り出し店を物色し始めた。

「トムヤムクンのおいしい店はないかなぁ…」

 すると、2人の背後から1人の日本人らしき男性が声をかけてきた。

「君たち、日本から来たの?」

 B子が真っ先に振り向くと、タイの日系企業に勤める日本人のイケメン、Cが微笑んでいた。B子がすかさず答える。

「ええ、そうです。実はトムヤムクンのおいしいお店はないかなぁと思って…」
「それなら、この近くにオススメのレストランがあるよ。僕もちょうど行くところだけど一緒にどう?」

イケメンに一目ぼれ
交際がスタート

 2人のやり取りを聞いていたA子はCを見て目がキランとなった。

(超イケメン!私の好みだわ…)

 Cと親しくなるチャンスだと思ったA子は、B子に「彼の勧める所に行こうよ」と猛プッシュ、2人はCについて行くことにした。