お金について話し合うかどうかで
貯蓄率が10%も異なる!

お金について話し合わない夫婦
お金についてよく話し合う夫婦の方が、そうでない夫婦より貯蓄率が10%高いそうです Photo:PIXTA

 先日、朝のテレビ番組に専門家ゲストとして呼ばれ、スタジオ出演した。テーマは「家計の危機をどう乗り越える?」。

 コーナーは「夫婦でお金の話をしないとピンチに陥りやすい」という仮説をもとに構成されていた。

 冒頭でアナウンサーが、あるアンケートの結果を伝える。

「月収のうち、貯蓄に回す割合は?」

◆お金についてよく話し合う夫婦の貯蓄率は21%
◆ほとんど話し合わない夫婦の貯蓄率は10%

「お金について話し合うかどうかで、これほどの貯蓄率の差になるのですね」とアナウンサーの弁。私は内心、「そうそう、確かに話し合う夫婦のほうが貯まりやすい傾向がある」と思いながら隣で聞いていた。

 次に「お金について話し合う習慣がないためにピンチに陥ったケース」をVTRで紹介する。

 共働きを続けてきたJ子さんは、結婚当初から家計役割分担制。それぞれの収入や分担以外の支出については、夫婦で明らかにしたことはないという。子どもが誕生し、J子さんが担当する食費や子どもの習い事費が徐々に増えてきて、J子さんは貯蓄ができなくなるどころか、クレジットカートのリボ払いに手を出してしまう…。リボ払いの残高は180万円にものぼる。

 これはまさに「共働きあるある」だ。

 多くの場合、リボ払いやカードローンに手を出すまでには至らないが、「子どもができて、妻の家計負担が重くなるが夫に言えず、もやもやを抱え続けた結果、ある日ちょっとしたことをきっかけに大げんかになる」共働きカップルはとても多い。

 番組では「家計の見える化をして、子どもの成長など変化が起こるごとに分担の見直しをしましょう」とアドバイスをし、具体的なやり方を解説した。

 2本目のVTRは、「よくお金の話をするようになって上手くいっている夫婦の事例」。それを受けてスタジオでは「感情論にならずに夫婦でお金の話を建設的にするコツ」を紹介する。