米大統領補佐官のナバロ氏はWSJに寄稿し、米国が互恵通商協定法を可決し、米国のような低関税国に不利なWTOのルールから脱するべきだと主張した。