支出合計で管理する方法とは、例えば「毎月の支出は20万円」と決めたら、1ヵ月20万円以内に支出を抑えれば何に使ってもかまわない、というシンプルな方法です。20万円という支出の上限を決めたら、あとは項目ごとのやりくりを上手に行って予算をオーバーしないようにすればいいだけです。

 この場合も貯蓄は先取りにして、残りの金額で支出を賄う方法をとりましょう。貯蓄を増やそうと肩に力が入ってしまい、月の予算(支出合計)を急激に少なくすると長続きしません。無理なく、かつ長続きする金額はいくらか、時間をかけて見つけられてはいかがでしょうか。

 Sさんに関しては、年収から考えれば、最低でも年間300万円は貯蓄してほしいところです。年間500万円前後は可能なはずですが、Sさんの支出はすべてが明らかになっているわけではありません。

 また、投資の項目に不動産投資と記載があることから、不動産投資のために資金を持ち出しているなら、年間500万円の貯蓄は難しいかもしれません。不動産投資のねらいや今後さらに物件を増やすのかどうかはわかりませんが、持ち出しがないならば、せっせと貯蓄を行い、繰り上げ返済を行う、次の物件の頭金を準備するなどした方がよいでしょう。

 もう1つ気になるのが、保険に入られていないことです。実のところ、保険に入っていないことはそれほど大きな問題ではありません。今後も貯蓄額が500万円以上を常にキープでき、また病気やケガなどで入院したとしても貯蓄で賄えるなら保険は不要です。しかし、貯蓄額が100万~200万円程度に落ち込む可能性があるなら、医療保険に加入しておいた方が万が一の病気の際にもお金で苦労せずに済むかもしれません。

 最後に、繰り返しになりますが奨学金、ショッピングローンは1日も早く一括返済(貯蓄額で払える前提)してしまいましょう。収入が多いのですから、今後はショッピンローンの利用は御法度、現金払いか、カードのボーナス払いを上手に活用して金利の負担が発生する買い物はやめるべきです。

 Sさんが今回の家計相談をきっかけに、これからしっかり貯蓄ができる家計に生まれ変われれば、そもそも借り入れを使う必要などなくなることでしょう。

(ファイナンシャルプランナー 深野康彦)