これまで50の新規事業(企業内起業17回、独立起業19回、週末起業14回)に携わってきた守屋実さんの初の著書『新しい一歩を踏み出そう!』が5月15日にダイヤモンド社から発刊されました。守屋さんは、大学在学中から現在に至るまで、一貫して新しい事業だけをやり続けてきたという稀有なキャリアの持ち主。守屋さんの実績を表す一端といえるのが、創業に参画した2社が昨年上場したこと。2018年4月に介護業界に特化したマッチングプラットホームのブティックスを、5月に印刷・物流・広告のシェアリングプラットホームのラクスルを2社連続で上場に導く。本連載は、守屋さんのこれまでの様々な経験を踏まえ、主に若手ビジネスパーソンに向けて「仕事のプロ」になるための具体的な方法を伝授していきます。

これまで積み上げたものが、
ゼロリセットされてしまうのが「会社のプロ」

 好きをやってみることで、新しい一歩を踏み出せるようになったら、「会社のプロ」から「仕事のプロ」へと意識をチェンジする、という新しい働き方を目指してみてはいかがでしょうか。

 「会社のプロ」は、仕事ではなく会社に依存しています。

 それは、これまでの日本における主流の働き方といえます。

 会社が成長することでそこで働く個人も大きな恩恵が得られるというものです。これを本連載では「働き方1.0」と呼ぶことにします。

 この働き方1.0の価値観が高度経済成長期には我が国の産業を支えてきました。そして今でも、多くの人がそちらの価値観にしたがって働いているともいえるでしょう。

 しかし、会社の寿命と個人の寿命が逆転した現在では、この働き方1.0では、会社を辞めた時点でこれまで積み上げたものがゼロリセットされてしまうリスクが、年々高まっています。