Kさんが現在、保有している資産は、貯蓄と投資を合わせて4000万円。退職金は300万円と記載があるので、合計4300万円となり、今後はこの金額を取り崩して生活していくことになります。

 公的年金の受給額(予定)については、65歳前に特別支給の厚生年金の受給が1年前後あると思われますが、多額ではないため考慮していません。また、Kさんの年収から推測するに、早期退職すれば一定期間失業給付を受け取ることができますが、それも今回は試算から外します。つまり、早期退職してしまうと、65歳までは保有する金融資産4300万円をただ取り崩すだけの生活になります。

 Kさんは現在52歳、公的年金の受給が始まるまで13年あります。すると13年間で取り崩す金融資産額は、308万4000円×13年間=4000万9200円となり、65歳時点で保有する金融資産はたった290万8000円です。失業給付、特別支給の厚生年金を考慮したとしても、上乗せされるのは最高で100万円程度にしかなりません。

 つまり、65歳以降の老後は、現在住んでいるマンションと金融資産約300万円前後、あとは公的年金だけで過ごすことになります。しかも、この試算では病気やケガによる高額な医療費が必要なケース、給湯機などの取り換え、家電製品の買い替えなどは一切考慮していません。病気やケガ以外にも、65歳までには他の費用が少なくとも数十万円、場合によっては数百万円ほど発生すると考えられます。それらを含めれば、65歳を迎えるまでに金融資産を使い切ってしまう可能性も否定できません。

 早期リタイア後は、リフレッシュなどを兼ねて旅行などにも行きたいでしょうから、ますます保有する金融資産だけでのリタイアは厳しいといわざるを得ないのです。

退職→2年休憩→復職
セミリタイアなら老後も安泰に

 では、今の勤務先を退職し、2年程度体を休めた後、アルバイトまたはパートで年間100万円を65歳まで稼ぎ、かつ生活費を月2割強ほど減額した20万円に抑えるケースを考えてみましょう。

 2年間の基本生活費は480万円(月20万円×12ヵ月×2年)、旅行などの費用を2年間で120万円使うと仮定します。すると、2年間で取り崩す金融資産額は600万円となり、2年後の金融資産額は3700万円となります。その後は毎年100万円の収入がありますので、年間の金融資産の取り崩し金額は140万円になります。そして、140万円×11年間=1540万円が65歳までの取り崩し金額となり、65歳時点の金融資産額は2160万円となります。