サービス事業者は運営に四苦八苦
閉鎖寸前のサービスも多数

 メリット・デメリットがある電子書籍だが、そもそも電子書籍はサービスの運営側も手探りの状態だ。iPadが登場した2010年は「電子書籍元年」ともいわれ、以降は多くのサービスが生まれては消えていった。そんな電子書籍サービスの現状を山口氏はこう語る。

「現在、電子書籍は大きく分けて、単行本やコミックなどを中心としたサービスと、雑誌に特化したサービスがあります。前者は『Kindle』や『楽天Kobo』、後者は『dマガジン』などが有名で、後者については読み放題のサービスが一般的になりつつあります。また最近ではこれとは別に、スマホネイティブのサービスとして、一般にマンガアプリと呼ばれる『LINEマンガ』などもシェアを伸ばしています」

 2011年以降、国内だけでも10以上の電子書籍サービスが消えている。サービス事業者が抱える運営の難しさは何か。

「当初、電子書籍ストアは品ぞろえこそが重要といわれましたが、それらが一定レベルに達した現在、他社と差別化を図るのは困難です。値段も横並びですし、電子書籍を表示するビューアの使い勝手や、本を管理する仕組みの利便性をうたっても、なかなかユーザーには響きません。クーポンの乱発も起こっていますが、それも差別化につながらない。生き残りの鍵は、事業者としての信頼性を打ち出していくしかないのが現状です」

 かつてはメーカーである出版社自身が運営する電子書籍ストアが有利と目されていた時期もあったという。しかし、他社のコンテンツの品ぞろえが弱くなる欠点があり、ラインナップが重視されるようになると、その立ち位置は危うくなっていった。

「こうした要因が重なり、いまなお事業としては存続しているものの、赤字ではないギリギリのライン。かといって閉鎖するとユーザーに責められ企業のイメージダウンにつながるため中ぶらりんの状態になっている電子書籍ストアは、多数に及ぶとみられます。特に2010年当初、端末の販売を目的に参入してきた電機メーカー系のストアは、かなり苦しい状況だと考えられます」