田中宏和が田中宏和に会う──。たまたま同じ名前で、同じ時代を生きる二人。偶然なのか、必然なのか。二つの人生における“たまたまの宿命”を覗き見る対談です。ホストは一般社団法人田中宏和の会「ほぼ幹事の田中宏和」。正式な連載になるかどうかは読者の皆さんの反応次第。第1回の対談相手は、1965年渋谷生まれで現在は渋谷でインダストリアルデザイン会社を経営されている渋谷在住の「渋谷の田中宏和さん」です。

生き別れた兄弟に会ったみたい
お父さん、僕の他にも子どもが!?

ほぼ幹事の田中宏和(以下、ほぼ幹事) 渋谷の田中宏和さんは、2003年にわたくし田中宏和が初めて実際に会った他人の田中宏和さんです。そもそもの始まりは1994年プロ野球のドラフト会議でした。近鉄バッファローズの第一位指名が田中宏和と知り、自分がプロ野球選手になれたと誤解した。それ以来、同姓同名の田中宏和さんを見つける遊びを勝手に「田中宏和運動」と称して続けていました。

渋谷の田中宏和(以下、渋谷) 2002年の年末でした。毎日読んでいる『ほぼ日刊イトイ新聞』のサイトを見にいったら、いきなり自分の名前が出ていてビックリしました。同じ名前の人が糸井重里さんに替わって日替わり編集長として登場していたんですね。そこで毎年の年賀状で田中宏和の同姓同名を見つけてはネタにしていると知って、慌ててほぼ日にメールしたんです。

初対面で名刺交換のシーン初対面で名刺交換。同姓同名同士の名刺交換は合わせ鏡に立っているようだったとか

ほぼ幹事 あの時は何人かの田中宏和さん関係者、田中宏和の奥さんなどから連絡をいただいて、うれしかったですね。その中でも近所の渋谷にお住まいで、会社経営されている田中宏和さんご本人からと知り、怪しい人ではなさそうだから会ってみようと決意したんです。

渋谷 すでにその行為のほうが怪しいですよ(笑)。

ほぼ幹事 実際に会うことになって、まずはご挨拶で名刺交換しながら「田中宏和です」と言うと、目の前の人が「田中宏和です」と同じ名前が書かれた名刺を差し出してくるんです。当たり前なんですけど、合わせ鏡に立っているみたいでした。

渋谷 初対面なのに話が合いましたね。

ほぼ幹事 共通の話題が多いですからね(笑)。渋谷の田中宏和さんは、確かこの時の、えも言われぬ体験を「残留孤児同士が会ったみたい」と言われませんでしたっけ?

渋谷 いや、生き別れた兄弟に会ったみたい、です。「お父さん、僕の他に子どもがいたんですか!?」という感覚です。