写真はイメージです Photo:ferrantraite/gettyimages

余計な手間が児童生徒と教師の両方に

 2020年4月から全国の小・中学校、高校で「キャリア・パスポート」と呼ばれるものが導入されるという。はっきり言うと、全く余計なことをしてくれるものだと思わずにはいられない。

 キャリア・パスポートでは新学年の進級時に子ども自身が目標を立て、1年後に子どもが自分で自己評価を行う。「よくできた」「できた」「すこしできた」「あまりできなかった」の4段階だという。各学年5ページ以内で(5ページも!)、今のところ、内申書・学習評価には使わず、進学・就職先にも提出しないという。

 中高生では、職場体験で感じたことを書く欄があり、報道によると、中学生には「30歳で目指す自分になるために必要な行動」を書かせるらしい。また、高校生には、「小学校から高校で心に残ったこととその影響」を記述させるという。

 こうした将来の想定や過去の記録に関する指導を、果たして小中高の教師が適切にできるのだろうか。