NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」など、テレビで話題沸騰の「伝説の家政婦」志麻さん。「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)、「うまいッ!」(NHK総合)、「沸騰ワード10」(日本テレビ系)などにも出演。
あの志麻さんが、初めて書きおろした料理エッセイ・レシピ本、『厨房から台所へ――志麻さんの思い出レシピ31』が発売たちまち重版となり話題沸騰。読売新聞書評に掲載されたほか、第6回「料理レシピ本大賞in Japan」【エッセイ賞】の一次選考も通過したという。
レシピの背景にある波乱万丈のエピソードとともに、調理のコツも凝縮。ふだん家で食べたことのない「フランスのママン直伝のキッシュ」「梨リングフライ」「龍馬チョコレート」は絶品。
さらに、「母の手づくり餃子」「おばあちゃんのお煮しめ」「けんちょう(山口の郷土料理)」のなつかしの味から、「ゆで鶏のシュープレームソース」「豚肉のソテーシャルキュティエールソース」「子羊のナヴァラン」「ローストチキン」などのフランス家庭料理、「フォンダンショコラ」「カトリーヌ先生のそば粉のクレープ」などのデザート、1歳の息子お気に入りの「鶏手羽元のポトフ」まで、実に多彩なレシピがあるという。「3時間で15品」など、これまでのイメージとはまったく違う志麻さんが、あなたの前に突如、出現するかもしれない。
今回は、大人も子どもも大好きな「じゃがいものピュレの肉巻き」を志麻さんに紹介してもらおう。(撮影・三木麻奈)。

フランス人から学んだこと

 レストランの料理ではなく、家庭料理をつくりたかった私は、家政婦という仕事に巡り合えて本当によかったと思っています。

 家族や友人と気兼ねなく食べる楽しさは、レストランとはまた一味違うおいしさをもたらしてくれるものです。

 フランス料理を通じてフランス人から教わったことは、料理の技術だけではなく、食事を楽しむことや、つくることを楽しむということでした。
 調理師時代、がむしゃらに働いていた私は、家庭を持ったり子育てをするなんて想像すらできませんでした。