巣ごもり生活はいつ終わるのか? こうなったら志麻さんレシピで笑顔になるっきゃない。
連休中こそ、いつもの冷蔵庫の食材が簡単! 贅沢レシピに大変身! もう献立に迷わない!
話題沸騰中の「伝説の家政婦」志麻さんの処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』がついに21刷・17万部を突破。
さらに、『厨房から台所へ』の勢いも止まらない。こちらは数ある志麻さん本でも初の“エッセイ風レシピ本”という新境地を開拓。
読売新聞書評で「20代の志麻さんは、傷だらけになっても走ろうとしていた。切なすぎて胸が痛い」「食べたものは体になり、心になり、人生をつくる」と東大教授に絶賛された。
レシピの背景にある波乱万丈のエピソードとともに、調理のコツも凝縮。ふだん家で食べたことのない「フランスのママン直伝のキッシュ」「梨リングフライ」「龍馬チョコレート」は絶品。
さらに、「母の手づくり餃子」「おばあちゃんのお煮しめ」「けんちょう(山口の郷土料理)」のなつかしの味から、「ゆで鶏のシュープレームソース」「豚肉のソテーシャルキュティエールソース」「子羊のナヴァラン」「ローストチキン」などのフランス家庭料理、「フォンダンショコラ」「カトリーヌ先生のそば粉のクレープ」などのデザート、志麻さんの息子お気に入りの「鶏手羽元のポトフ」まで、実に多彩なレシピがあるという。
「3時間で15品」など、これまでのイメージとはまったく違う志麻さんが、あなたの前に突如、出現するかもしれない。冷蔵庫にあるふつうの食材が、なぜ、ワンランク上の「簡単!贅沢レシピ」に変身するのか? これさえ覚えておけば、平日多忙なお父さんお母さんも、尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。巣ごもりの今こそ、志麻さんに、家族みんなが笑顔になる「野菜たっぷりスパニッシュオムレツ」を紹介してもらおう。
(撮影・三木麻奈)。――(こちらは2019年5月5日付け記事を再掲載したものです)

まるでケーキのような
「野菜たっぷりスパニッシュオムレツ」

 家政婦としてうかがう家庭のほとんどが、共働きの家庭、小さなお子様や、高齢のご両親と一緒に住まれている方などです。

 なかには、つくりおきに対してマイナスなイメージを持っていらっしゃる方も少なくありません。

 日持ちするのかどうか、味は変わらないのか、つくり立てではないからおいしくないのではないかという不安もあるかと思います。

 私はこれまでフランス料理店で調理師として働いてきましたし、フランスの食文化も勉強してきましたが、レストランの料理だって、毎日、一から全部をつくっているわけではありません。

 大きな鍋でたくさん仕込んでおく煮込み料理もあれば、最近日本にも上陸した「ピカール」という名前のフランスの冷凍食品専門店などもあり、つくりおきに対して悪いイメージはありません。

タサン志麻
タサン志麻
大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三ツ星レストラン(ジョルジュ・ブラン)での研修を修了。その後、日本の有名フランス料理店等で15年働く。2015年にフリーランスの家政婦として独立。「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになる。2017年2月、『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で一躍話題となり、2018年5月、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』でその仕事ぶりが放映され、クール最高視聴率を記録。現在も家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で家族構成や好みにきめこまかく応じた料理に腕をふるうほか、「つくりおきマイスター養成講座」の講師や料理教室、食品メーカーのレシピ開発などでも活動。フランス人の夫と子どもと4人で暮らす。著書に、第5回「料理レシピ本大賞in Japan 2018」料理部門で「入賞」した処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』、『厨房から台所へ』などがある。

 卵料理はつくりおきにした際、温め直すときに火が入ってしまい、ものによっては向いていないものもありますが、「スパニッシュオムレツ」は具だくさんなので、冷凍もできますし、状態も変わりにくいです。

 色とりどりの野菜を入れてふんわりと焼き上げたオムレツは、まるでケーキのようで、野菜嫌いの小さなお子様にも喜ばれますし、朝食やお弁当のおかずにもなり、冷蔵庫に少しずつ余っている野菜を使い切ることだってできます