せっかくの大型連休も巣ごもり生活。こんな状態、いつ終わるのか? 
こうなったら、志麻さんレシピで巣ごもり生活をエンジョイするしかない。
話題沸騰中の「伝説の家政婦」志麻さんの処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』が驚異のロングセラーとなり、ついに21刷17万部を突破した。
GWこそ、いつもの冷蔵庫の食材が簡単! 贅沢レシピに大変身! もう献立に迷わない! 
さらに、『厨房から台所へ――志麻さんの思い出レシピ31』の勢いも止まらない。こちらは数ある志麻さん本でも初の“エッセイ風レシピ本”という新境地を開拓。新聞書評で「20代の志麻さんは、傷だらけになっても走ろうとしていた。切なすぎて胸が痛い」「食べたものは体になり、心になり、人生をつくる」と東大教授に絶賛された。
ふだんお家で食べたことのない「タンドリーチキン」、「農家の野菜スープ」、「ラタトゥイユ」、「豚肉のビール煮」、「お米のニース風サラダ」、「ローストビーフ」、「アッシ・パルマンティエ」、「ハヤシライス」、「メンチカツ」、「チョコレートムース」など、フランス家庭料理から、和洋中、エスニック、おやつまで秘伝のレシピが多数収録され、ふだん料理をしない人でも、手早く簡単に作れてしまうというから驚きだ。
冷蔵庫にあるふつうの食材が、なぜ、ワンランク上の「簡単!贅沢レシピ」に変身するのか?
これさえ覚えておけば、平日多忙なお父さんお母さんも、尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。
3時間で15品以上作るという志麻さんを、本書担当編集が直撃したレポートをお送りする。
(撮影:新居明子、構成:寺田庸二)――(こちらは2018年1月21日付け記事を再掲載したものです)

地中海性気候漂う「ハヤシライス」って?

『志麻さんのプレミアムな作りおき』には、「にんじん」「玉ねぎ」「じゃがいも」「キャベツ」「トマト缶」「卵」など、素材別レパートリーが掲載されていますが、今回は、「トマト缶レシピ」を作るときに、気をつける点を志麻さんに伺ってみました。

 本連載第11回で編集担当の体当たりレポートを紹介した「ハヤシライス」本書p106)。
 従来のデミグラスソースたっぷりこってりのものとは対極をいく志麻さん「ハヤシライス」はいわば、イタリアの地中海性気候漂う、さわやかなハヤシライスで、うちの子どもたちも大好きな一品です。

 普段、チャーハン以外ほとんど料理をしなかった私(当時)は、スーパーのライフで1缶88円のトマト缶を2つ買い、牛肉と玉ねぎとトマト缶で初挑戦しましたが、見事成功! 家族から大絶賛を受けました。

 それまでトマト缶は一回も買ったことがありませんでしたし、わが家の食卓にもありませんでした。

 しかし、志麻さんに教えてもらい、いかにトマト缶が重宝するか、を実感した次第です。