山口 少し危なっかしいくらいの人が、やっぱり会社には欠かせないと。

佐宗 もちろん、そういう人の発想って、理性の世界からすれば非連続的ですから、「谷」に落っこちるケースも少なくありません。でも、自分の「妄想」の世界のなかで、「根拠のない自信」のパラメーターが高くなっているからこそ、彼らは「ジャンプ」ができる。それは素晴らしいことだし、そういう人を応援したいというのが、僕の一貫した希望なんです。

山口 現実も自信も関係なく、考えていることをただ実現したいという欲望をエネルギーに変える――VISION DRIVEN(妄想駆動型)に関しては、佐宗さんのそんな原体験があったんですね。

(第2回に続く)