東京五輪チケット追加抽選
いよいよ東京五輪チケットの追加抽選が開始。スポーツライターが教える申し込み方のコツとは? Photo:Diamond

 東京五輪チケットの通称「セカンドチャンス」の申し込み受付が8月8日から始まった。受付期間は8月19日の11時59分まで。抽選発表は9月11日だ。

 正式名称は、東京五輪入場券『第1次抽選の追加抽選販売』。他者が持つ権利などの関係で、当初すっかり定着した「セカンドチャンス」の呼称は使えないらしい。

不思議なトラップに要注意
間違った申し込みでも「アラートが出ない」

「1枚も当選されなかった方が対象」とサブタイトルが付けてあるとおり、前回第1次抽選に申し込みながら当たらなかった人だけが申し込める。当選した人もシステム上は申し込めるが必ず落選になるという。当選した人が申し込んだら、「あなたは申し込み資格がありません」と出ればいいのに。

 もう1つ、不思議なトラップがあるから注意が必要だ。今回は1セッションしか申し込めない。ところが、システム上は2セッションでも申し込めるのだという。たぶん、システムの手配が間に合わなかったのだと推測される。うーむ、大丈夫かとちょっと心配になる。組織委員会側の不手際のため誤って2セッション申し込んで落選する人がいないよう願うばかりだ。

 ちょっとわかりにくいが、「第2希望」の申し込みは可能だ。第1希望で選んだ席が外れた場合、「カスケードサービス」を選択すれば、自動的にひとつ下のランクの席でも抽選が行われる。もちろん、両方とも外れる場合もある。

 また、第2希望は、もう1つ別の選択方法がある。カスケードサービスを選ばずに、まったく別の種目やセッションを選ぶ「第2希望選択サービス」だ。例えば第1希望はサッカー、第2希望はホッケーを選ぶことができる。