NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」など、テレビで話題沸騰の「伝説の家政婦」志麻さん。「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)、「うまいッ!」(NHK総合)、「沸騰ワード10」(日本テレビ系)などにも出演。あの志麻さんが、初めて書きおろした料理エッセイ・レシピ本、『厨房から台所へ――志麻さんの思い出レシピ31』が発売たちまち重版となり話題沸騰。
読売新聞書評に掲載されたほか、第6回「料理レシピ本大賞in Japan」【エッセイ賞】の一次選考も通過したという。
レシピの背景にある波乱万丈のエピソードとともに、調理のコツも凝縮。ふだん家で食べたことのない「フランスのママン直伝のキッシュ」「梨リングフライ」「龍馬チョコレート」は絶品。
さらに、「母の手づくり餃子」「おばあちゃんのお煮しめ」「けんちょう(山口の郷土料理)」のなつかしの味から、「ゆで鶏のシュープレームソース」「豚肉のソテーシャルキュティエールソース」「子羊のナヴァラン」「ローストチキン」などのフランス家庭料理、「フォンダンショコラ」「カトリーヌ先生のそば粉のクレープ」などのデザート、1歳の息子お気に入りの「鶏手羽元のポトフ」まで、実に多彩なレシピがあるという。「3時間で15品」など、これまでのイメージとはまったく違う志麻さんが、あなたの前に突如、出現するかもしれない。
デザートと言えば、13万部を突破した処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』でも「プリン」が反響を呼んだが、今回は、志麻さんの大人気の「フォンダンショコラ」を志麻さん自身に紹介してもらおう。(撮影・三木麻奈)。

デザートを出した瞬間に
フォンダンショコラが消えた!

 家政婦の仕事では、日々のつくりおきを依頼されることが多いのですが、たまにパーティ料理を頼まれることもあります。

 一度、外国人のゲストの方がたくさん参加するパーティ料理を頼まれたことがありました。

 外でのパーティだったので、サラダやキッシュなどのとりわけ安い前菜、メインディッシュは「ブロシェット」と呼ばれるスパイスでマリネした肉を串に刺して焼くバーベキュー、デザートは大きく焼いたタルトやカスタードプリンに加え、フォンダンショコラをつくりました。

 料理をほぼ出し終え、デザートを出した瞬間に、フォンダンショコラが全部なくなってしまいました。

タサン志麻
タサン志麻
大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三ツ星レストラン(ジョルジュ・ブラン)での研修を修了。その後、日本の有名フランス料理店等で15年働く。2015年にフリーランスの家政婦として独立。「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになる。2017年2月、『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で一躍話題となり、2018年5月、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』でその仕事ぶりが放映され、クール最高視聴率を記録。現在も家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で家族構成や好みにきめこまかく応じた料理に腕をふるうほか、「つくりおきマイスター養成講座」の講師や料理教室、食品メーカーのレシピ開発などでも活動。フランス人の夫と子どもと4人で暮らす。著書に、第5回「料理レシピ本大賞in Japan 2018」料理部門で「入賞」した処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』などがある。
【タサン志麻HP】
https://shima.themedia.jp/

フランス人にとってデザートはなくてはならないもの。

家で毎日食べるものはお店で買ったケーキなどではなく、砂糖をたっぷり入れたヨーグルトやカップに入った市販のチョコレートクリーム、時にはホイップクリームだって立派なデザートになるのです。

そんなフランス人のパーティに呼ばれると、たいていチョコレートムースやフォンダンショコラなどのチョコレートのデザートが必ず用意されていて、たいていつくっているのが男性なのです。

私がレシピを聞くと,「これはおばあちゃんのレシピなんだ」とか、「こうやってやるのがポイントなんだ」とか、嬉しそうに話してくれます。

 あっというまになくなったフォンダンショコラを見て、もっとたくさんつくっておけばよかったなと反省しました。

 普段使いのレシピは簡単なものが一番です。

 フランス人の男性がデザートをよくつくるのも、レシピが驚くほど簡単だから。
 シンプルだからこそ、逆にその人なりのアレンジや工夫を取り込みやすいのです。

 本書でご紹介したフォンダンショコラもレンジで簡単にできるものです。
 ぜひ普段のおやつのレパートリーに入れてみてください。

 本書『厨房から台所へ』にある私の思い出レシピは、冷蔵庫にある食材で意外と簡単にできます。第1回連載にカラフルなレシピを紹介しましたので、ぜひご覧いただけたらと思います。