名著『7つの習慣』に学ぶ
4象限にタスクリストを整理

 前回お伝えした「緊急ではないが重要な問題」という表現は、勉強熱心な方ならすぐにピンときたことだろう。

 これは、スティーブン・R・コヴィー博士の名著『7つの習慣』からの引用だ。

『7つの習慣 』の第3の習慣「最優先事項を優先する」の説明では、時間管理マトリックスが登場する。

 時間管理マトリックスとは、タスクリストを

・緊急で重要なこと(第Ⅰ領域)
・緊急ではないが重要なこと(第Ⅱ領域)
・緊急だが重要ではないこと(第Ⅲ領域)
・緊急でもなく重要でもないこと(第Ⅳ領域)

 の4象限に整理する考え方だ。

 この4象限に皆さんのタスクリストを整理し、その中で「緊急ではないが重要なこと(第Ⅱ領域)」に含まれることを明確にし、そこに最も時間を費やすことが、将来大きな結果を生み出すことにつながる。

 しかしながら、「『緊急で重要なこと』こそが、ビジネスでは最重要なのではないか?顧客が急いでいることに対応することが、顧客満足度の向上につながるのではないか?」という意見もあるだろう。

 もちろんビジネスの世界では、企業や業界よりも先に環境が変化してしまうことも多々ある(『ビジネスで成功する人ほど、実は積極的に「ブレる」理由』『ビジネスの成功者ほど仕事が順調なときでも「ブレ続ける」理由』も参照いただきたい)。