かんぽ商品の営業自粛で、中部地方の郵便局ではがん保険の事実上の営業ノルマが8月は2割増しになったという Photo by Masaki Nakamura

不適切販売が構造的に
生まれやすい実績評価システム

 保険の不適切販売(募集)で揺れる日本郵便が、再発防止に向けて、がん保険などの募集体系を大きく見直す方針であることが分かった。

 郵便局の保険募集を巡っては、かんぽ生命保険の商品だけでなく、アフラック生命保険のがん保険でも不適切募集が発覚している。

 背景には、保険の営業実績の計算方法が、不適切販売を生みやすい構造になっていることがあり、早急な見直しが必要と判断したようだ。

 日本郵便とアフラックはこれまで、がん保険については「不適切な募集活動が生じないような仕組みになっている」として、営業を自粛せず、積極的な募集を続けてきた。

 しかし、実態は違った。がん保険は月払いで保険料が二度支払われた場合、その後に失効や解約になっても郵便局員の営業実績は消滅しない仕組みになっている。