NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」など、テレビで話題沸騰の「伝説の家政婦」志麻さん。「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)、「うまいッ!」(NHK総合)、「沸騰ワード10」(日本テレビ系)などにも出演。あの志麻さんが、初めて書きおろした料理エッセイ・レシピ本、『厨房から台所へ――志麻さんの思い出レシピ31』が発売たちまち重版となり話題沸騰。
読売新聞書評に掲載されたほか、第6回「料理レシピ本大賞in Japan」【エッセイ賞】の一次選考も通過したという。
レシピの背景にある波乱万丈のエピソードとともに、調理のコツも凝縮。ふだん家で食べたことのない「フランスのママン直伝のキッシュ」「梨リングフライ」「龍馬チョコレート」は絶品。
さらに、「母の手づくり餃子」「おばあちゃんのお煮しめ」「けんちょう(山口の郷土料理)」のなつかしの味から、「ゆで鶏のシュープレームソース」「豚肉のソテーシャルキュティエールソース」「子羊のナヴァラン」「ローストチキン」などのフランス家庭料理、「フォンダンショコラ」「カトリーヌ先生のそば粉のクレープ」などのデザート、1歳の息子お気に入りの「鶏手羽元のポトフ」まで、実に多彩なレシピがあるという。「3時間で15品」など、これまでのイメージとはまったく違う志麻さんが、あなたの前に突如、出現するかもしれない。13万部を突破した処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』も人気の志麻さん自身に今回は「オニオングラタンスープ(オニグラ)」を紹介してもらおう。(撮影・三木麻奈)。

寒い日にたまらない一品

 フランスの冬は寒い。
 日照時間も少ないうえに、石畳が氷のように冷たく底冷えします。

 そんな凍てつく寒い日に飲みたくなるのが、「オニオングラタンスープ(オニグラ)」です。

 じっくり茶色くなるまで炒めたタマネギは、水分とともに辛み成分が揮発し、甘みが凝縮され、炒めることでさらに香ばしい香りや風味が増します。

 そんなうまみたっぷりの上にはとろとろ、熱々のチーズが、バゲットにのって浮かんでいます。

 やけどしそうになりながら、フーフー息を吹きかけて、全部食べ終わる頃には汗をかいてしまうほど。

 このオニオングラタンスープは、長く寒いフランスの夜食や、一晩中続いたパーティの後の明け方に食べたりします。

 もちろん、ランチにカフェで食べたりもしますが、冷え切った体を温めるために食べるイメージです。