写真はイメージです Photo:PIXTA

「人生100年時代」といわれる現代。人生の「1周目」が50歳ぐらいまでだとすると、そこから「2周目」が始まります。しかし、50代は体力的、精神的な衰えを実感しやすく、「2周目」に希望を持てない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、明治大学文学部教授でメディアでも活躍されている齋藤孝氏の最新刊『人生は「2周目」からがおもしろい』(青春出版社)から、50代からの「人生2周目」を楽しむために必要な心構えを紹介します。

仕事も家庭も落ち着いた「2周目」に希望は持てない?

 私自身もそうだったのですが、50代半ばくらいで体力的、精神的な衰えを痛切に感じたことがありました。生物学的な衰えはいかんともしがたいものがあります。

 ビジネスパーソンだけでなく、家庭の主婦にしても自営業の人にしても、50代の半ばが一つの人生の転換期のような気がします。それまで一生懸命やってきて、自分の限界や人生の楽しさといったものも含めて一通りわかってしまったような「一回りしたな」という感覚と言ったら良いかもしれません。しかし、「2周目」は、そんなに希望が持てないものでしょうか?

 結論から言いましょう。人生は2周目からがおもしろい!2周目こそ本番なのです。