サザビーズ
アートから宝飾品まで、様々な分野でトップクラスの品が集まる香港。サザビーズ全体での香港シェアも、2005年と比べて3倍以上に。東京から4時間強という近場で、世界的名品に出会える。

 時折テレビで目にする、とある名画がオークションにて数十億円で落札されたというニュース。それを知り、多くの人は遠い世界の話と思うだろう。だが紐解けば、意外にも手の届く世界のようだ。

Auction【オークション】

石坂 泰章さん
【案内人】 株式会社サザビーズジャパン 代表取締役会長兼社長 石坂 泰章さん 1956年、東京都生まれ。三菱商事勤務後、18年間の画廊経営を経て、2005~14年サザビーズジャパン代表取締役社長を務める。'14年からはアートアドバイザリー業務を提供。'18年に現職に。東京藝術大学非常勤講師。

「普段目にすることのない品を見られるだけでなく、
入札の勢いから今の時代で求められている感性を読み解く
ことが出来ます」( 石坂さん)

 仕組み自体はヤフオクで知っている、もしくは体験したことがあるという人は少なくないだろう。しかし、世界的な名画を扱うようなオークションと聞くと、多くの人が「一部のお金持ちの世界」という印象を抱くはずだ。しかし、実はその門戸は多くの人に開かれていると、現存する世界で最も歴史のあるオークション会社サザビーズの日本法人で会長兼社長を務める石坂さんは語る。

「サザビーズでは、落札価格が数億円もする高額な作品ばかりを取り扱っている訳ではありません。皆さんにもお馴染みの数十万円の機械式時計や、ワインなども頻繁に扱っています」

 オークションへの参加も紹介制ではなく、誰でも参加が可能。いざ落札する時のために身元や口座の照会など事前審査は必要だが、予想落札価格が数百万円程度のオークションへの参加ならば、手続きはさほど難しくはない。しかも、石坂さんによれば日本人がオークションを体験するには、今が絶好の機会なのだという。