ベストセラー『教養としてのワイン』の著者が、数々の一流ワインをオールカラーで解説した注目の新刊『高いワイン』(ダイヤモンド社)が9月19日に刊行された。今回は本書から抜粋する形で、まったくの無名にもかかわらず、フランスの名だたるワインに圧勝した「シャトー・モンテレーナ」ついて紹介します。

映画化もされた「パリスの審判」

渡辺順子(わたなべ・じゅんこ)
プレミアムワイン代表取締役。1990年代に渡米。1本のプレミアムワインとの出合いをきっかけに、ワインの世界に足を踏み入れる。フランスへのワイン留学を経て、2001年から大手オークションハウス「クリスティーズ」のワイン部門に入社。NYのクリスティーズで、アジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009年に同社を退社。現在は帰国し、プレミアムワイン株式会社の代表として、欧米のワインオークション文化を日本に広める傍ら、アジア地域における富裕層や弁護士向けのワインセミナーも開催している。2016年には、ニューヨーク、香港を拠点とする老舗のワインオークションハウス Zachys(ザッキーズ)の日本代表に就任。日本国内でのワインサテライトオークション開催を手がけ、ワインオークションへの出品・入札および高級ワインに関するコンサルティングサービスを行う。著書に『世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン』『高いワイン』(共にダイヤモンド社)がある。

 1976年、当時まだ無名だった「シャトー・モンテレーナ」の名が世界中を駆け巡りました。映画にもなった「パリスの審判」と呼ばれるカリフォルニア対フランスのブラインドテイスティングにて、名だたるフランスの造り手を引き離し、モンテレーナが満場一致で白ワイン部門1位を獲得したのです。

 フランスワイン界を代表する面々が審査員を務めていたため、「結果は火を見るより明らかだ」と言われたイベントでしたが、結果はまさかのカリフォルニアワインの大勝利。モンテレーナを訪れると、今なおそのニュースをすっぱ抜いたTIME誌の記事と1973年産のボトルが記念として飾られています。

「パリスの審判」での白ワインの順位

 1882年、ナパヴァレーの北端に生まれ、カリフォルニアワインの黄金時代を過ごしたモンテレーナは、禁酒法の煽りを受け、1934年には一度破産に追いやられています。そんなワイナリーの復興を果たしたのが、1972年にシャトーを購入した元弁護士のジム・バレットでした。

 ワイン造りの経験がなかったバレットでしたが、有名ワインメーカーを迎え入れ、翌年リリースした1973年産シャルドネで、なんとパリスの審判1位を獲得したのです。当時、結果を伝えるTIME 誌が発売されるや否や、問い合わせの電話が鳴り止まなかったと言います。

「パリスの審判」の白ワイン部門で1位を獲得した「シャトー・モンテレーナ シャルドネ」。『高いワイン』(ダイヤモンド社)より抜粋