「以前より疲れやすくなった」
「15分以上はつらくて歩けない」
「信号が変わりそうになって走るとすぐに息が上がる」
「息が一度上がるとなかなか回復しない」
「長い階段は休み休みでないと上がれない」

そんな体力の衰えを感じるようになったあなたに向けて、
新刊『10年後、後悔しない体のつくり方』
何歳からでも体が若返る秘訣を指南した中野ジェームズ修一氏。

卓球の福原愛選手やバドミントンのフジカキペアなど
多くのアスリートに絶大な支持を得て、
青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化を指導し、
箱根駅伝4連覇に導いた運動指導のトッププロが、
理論的かつ結果を出す体のつくり方を伝授します。

「運動すればいいのは、もちろんわかってる」
「でも、それができない、続かないんです……」

わかってます、わかってますとも!

運動が苦手だったり、運動が嫌いだったりする人、
中高年はもちろん高齢者でも、
「これならできそう」「続けられそう」と思えて、
なおかつ、きちんと効果があり、何歳からでもカラダが若返る秘訣を教えます!

Photo: Adobe Stock

近未来の海外ドラマで
必ず描かれていること

中野ジェームズ修一
スポーツモチベーションCLUB100最高技術責任者 PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー 米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)
フィジカルを強化することで競技力向上や怪我予防、ロコモ・生活習慣病対策などを実現する「フィジカルトレーナー」の第一人者。卓球の福原愛選手やバドミントンのフジカキペアなど、多くのアスリートから絶大な支持を得る。2014年からは青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。早くからモチベーションの大切さに着目し、日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとしても活躍。東京・神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」の最高技術責任者を務める。『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

 突然ですが、すべての人は今後、運動しなければ生きられない世の中になります。

 先日会った旧知のライターさんが、丸1日、自宅から一歩も出ないで仕事をしたときの「歩数」を測定してみたそうです。
 その結果は驚くべきものでした。

 なんと、わずか1日280歩しかなかったそうなのです。

 でも、考えてみたら、これは当然の話です。
 わざわざ買い物に出かけなくても、スマホ片手に欲しい商品をネット通販で注文すれば、宅配業者が自宅まで運んできてくれます。
 暇になったらネット配信のドラマや映画を観ればいいですし、ひとりでいるのが寂しくなったらスマホで誰かとビデオ通話すればいい。

 そんな極力移動をしなくても生活できる社会環境で、私たちは生きているのです。

 私もネットフリックスの動画配信で、海外ドラマや映画をよく観ることがあります。
 近頃よく観るのは、数十年先を舞台にしたドラマですが、その設定で共通しているのが、「仕事」「買い物」「教育」「娯楽」といった日常生活が、すべて自宅にいながら完結してしまうということです。

 仕事は在宅勤務、買い物はネット通販、講習などを受けるときは自宅にモノグラフで講師が現れて目の前で指導。
 コンサートは部屋の壁や天井が全面モニターと化して、臨場感あふれる映像と音響で、憧れのアーティストが目の前で歌ってくれます。

 こうした生活風景はSFの世界ではなく、そう遠くない将来、実現することでしょう。

 仕事でもプライベートでも、いまよりさらに体を動かさなくても生活できる世の中が、確実に近づいているのです。