「以前より疲れやすくなった」
「15分以上はつらくて歩けない」
「信号が変わりそうになって走るとすぐに息が上がる」
「息が一度上がるとなかなか回復しない」
「長い階段は休み休みでないと上がれない」

そんな体力の衰えを感じるようになったあなたに向けて、
新刊『10年後、後悔しない体のつくり方』
何歳からでも体が若返る秘訣を指南した中野ジェームズ修一氏。

卓球の福原愛選手やバドミントンのフジカキペアなど
多くのアスリートに絶大な支持を得て、
青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化を指導し、
箱根駅伝4連覇に導いた運動指導のトッププロが、
理論的かつ結果を出す体のつくり方を伝授します。

「運動すればいいのは、もちろんわかってる」
「でも、それができない、続かないんです……」

わかってます、わかってますとも!

運動が苦手だったり、運動が嫌いだったりする人、
中高年はもちろん高齢者でも、
「これならできそう」「続けられそう」と思えて、
なおかつ、きちんと効果があり、何歳からでもカラダが若返る秘訣を教えます!

Photo: Adobe Stock

散歩とウォーキングは別もの
「歩幅」と「呼吸」を意識する

 私がクライアントにウォーキングをすすめると「ああ、散歩ですね。散歩なら毎日のようにやっていますよ」という答えが返ってくることがあります。

 でも、散歩とウォーキングは別ものなのです。

 散歩とウォーキングの最大の違いは、「歩幅」「呼吸」です。

 ウォーキングは散歩よりも歩幅(ストライド)を広げるのがポイントです。

 私自身はランニングを日課にしていますが、街を走っていると猫背姿で下を向いて、とぼとぼと歩いている中高年とすれ違うことが少なくありません。

 猫背で下を向いて歩くと歩幅が狭まり、どうしてもとぼとぼ歩きになりがちなのです。

 歩くときは顔を上げて視野を広げ、視線を少し遠くへ向けるようにするといいです。

 顔を上げると背すじがすっと伸び、「骨盤」が起きて歩幅も広がりやすくなります。

 歩幅を広げる際は、足を前に出すことよりも「後ろ足で地面を蹴る」ように意識すると、軽い前傾姿勢がとれて歩幅が広がりやすくなります。

「歩幅は身長の45〜50%」がおおよその目安です。

「歩幅は身長の半分が目安」と考えればわかりやすいでしょう。
 身長160cmの人なら80cm、身長170cmの人なら85cmが目安ということです。