(5)自暴自棄にならない

 ジムに行ったりランニングをしたりする習慣がある人や食生活に気を配る人を見て、「自分とは全く違う人種」「自分にはそんなことできない」と思う方がいます。しかし、「自分にはできない」と決めつけてしまうのはもったいないこと。“できる人”にだって、“できない日”はあります。

 たとえば、多くの方に当てはまる方法ではないかもしれませんが、“会社から歩いて帰る“のが「ストレス発散にもなる」と気づいて痩せた方もいました。負担なく自分にハマるルールというのが、きっと皆さんそれぞれの中にもあるはずです。

「頑張れない人間」という烙印を自分に押さずに、無理をせず、今後は何かひとつでも良い習慣を取り入れることができたらと思います。

(栄養士・食事カウンセラー 笠井奈津子)