ベストセラー『教養としてのワイン』の著者であり、世界的なオークションハウス「クリスティーズ」のニューヨーク支社にてアジア人初のワインスペシャリストとして活躍した渡辺順子氏。彼女の新刊『高いワイン』(ダイヤモンド社)が先日刊行となった。今回は、数々の一流ワインをオールカラーで解説した本書から抜粋する形で、店頭やネットなどでもよく見かける、知っておきたい「ワインの評価」について解説します。

渡辺順子(わたなべ・じゅんこ)
プレミアムワイン代表取締役。1990年代に渡米。1本のプレミアムワインとの出合いをきっかけに、ワインの世界に足を踏み入れる。フランスへのワイン留学を経て、2001年から大手オークションハウス「クリスティーズ」のワイン部門に入社。NYのクリスティーズで、アジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009年に同社を退社。現在は帰国し、プレミアムワイン株式会社の代表として、欧米のワインオークション文化を日本に広める傍ら、アジア地域における富裕層や弁護士向けのワインセミナーも開催している。2016年には、ニューヨーク、香港を拠点とする老舗のワインオークションハウス Zachys(ザッキーズ)の日本代表に就任。日本国内でのワインサテライトオークション開催を手がけ、ワインオークションへの出品・入札および高級ワインに関するコンサルティングサービスを行う。著書に『世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン』『高いワイン』(共にダイヤモンド社)がある。

パーカーポイント

 ワインの価値に大きな影響を及ぼすのが有名ワイン評論家、そしてワイン専門メディアの評価です。その中でも、群を抜いて影響力を持つのがアメリカのワイン評論家ロバート・パーカーによる採点「パーカーポイント」です。メディアやショップでは「RP」と記されることもあります。採点は、基礎点50点、味わい20点、香り15点、全体的な質10点、外観5点の合計100点満点です。

 パーカーポイントで高得点を獲得すると、たとえそれが無名なワインであっても一躍スターダムにのし上がれるほど圧倒的な影響力を誇ります。しかし、すでに72歳と高齢なパーカーは、2019年5月に引退を表明し、一線を退きました。それでもなお、彼のこれまでの評価は今後もワインの価値に大きな影響を与え続けることでしょう。

ワインアドヴォケイト誌

 そのロバート・パーカーが1978年に創刊したワイン専門誌がワインアドヴォケイト誌です。後に紹介するワインスペクテーター誌と共に、二大ワイン専門誌として多大な影響力を持つメディアです。

 ワインアドヴォケイトの評価は「WA」と表記されます。2001年からはパーカーが評価をスタッフに託し、10名ほどがそれぞれの得意の産地をテイスティングし、評価しています。WAのサイトには誰がテイスティングしたかが記されています。

 ワインアドヴォケイト誌の元テースターであるアントニオ・ガローニ(AG)の評価も市場でよく目にします。パーカーの右腕として大きな信頼を得ていた彼は、現在は独立して「Vinous(ヴィノス)」という有料ワインサイトを立ち上げています。2017年には、ワインアドヴォケイト誌の大黒柱と言われたニール・マーティンもヴィノスへ移籍しています。

ワインスペクテーター誌

 そして、もう一つの著名メディアがワインスペクテーター誌(WS)です。ワインアドヴォケイト誌と同様に、複数のスタッフが得意な産地を担当し、評価しています。ワインスペクテーター誌では、ブラインドテイスティングで年間の「トップ100ワイン」を選んでおり、ここで選出されることもワインの価格に大きな影響を及ぼします。なお、ワインスペクテーター誌の元副編集長であるジェームス・サックリング(JS)も、アジアを中心に大きな信頼を寄せられる評論家です。彼は、特にイタリアとボルドーを中心に試飲しています。

その他の著名なメディア、評論家

 イギリスのデカンタ誌も著名なワイン誌のひとつです。デカンタ誌は、世界で最も多くの発行部数を誇り、世界90か国以上で販売されています。

 1984年に女性で初めてマスターオブワインの称号を与えられたジャンシス・ロビンソンも有名なワイン評論家です。最も信頼される評論家とも言われる彼女は、英国王室のワインセラーのアドヴァイザーにも就任しています。

 テイスティングの達人としても有名なマイケル・ブロードベントの評価も影響力が強く、ワイン関係者から注目を集めます。彼の採点は「MB」と記され、その採点は星の数で表します。星5つが満点ですが、稀に星6つの場合もあります。

店頭やネットなどで目にする機会も多い、著名なワイン評論家、メディアの評価。『高いワイン』(ダイヤモンド社)より抜粋