1997年、都市銀行の一角を占めた北海道拓殖銀行(拓銀)が経営破綻したことをご記憶の方も多いだろう。

 1900年に北海道開拓を目的とする国策銀行としてスタートし、55年には都市銀行に転換した大手銀行の破綻劇は、当時、大きな波紋を呼び、金融市場をパニックに陥れた。

 拓銀は道内を地盤に、全盛期は首都圏や関西、ニューヨーク、ロンドン、香港などにも支店を置き、拡大路線を進んだ。

 地元では「たくぎん」、道外では「ほくたく」の愛称で呼ばれ、イメージキャラクター「みんなのたあ坊」とともに親しまれた。

 ところが、バブル期の過剰な貸し付けが不良債権化し、90年代半ばに経営危機に。

 すると、「大手銀行は1行たりとも潰さない」という大蔵省の公約は反故にされ、97年11月17日、都銀初の経営破綻に陥った。
 そして、金融市場がパニックに陥ったのだ。

 拓銀は北洋銀行に営業譲渡され、98年の歴史に幕を閉じた。

 拓銀の『最後の頭取』となった河谷禎昌は、10年にわたる法廷闘争の末、有罪が確定。先ごろ話題となった日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告と同じ「特別背任罪」で実刑判決を受け、70歳代半ばにして、1年7ヵ月を刑務所で過ごした。

 大手銀行の経営トップで収監された例は他にはないのだが、この後日談を知るものは、金融関係者にも少ない。

 バブル経済の生成と崩壊を実体験した生き証人は、いま84歳。
 後世に伝えるバブルの教訓を『最後の頭取』が、すべて明かす。

Photo: Adobe Stock

【前回】からの続き
 3人目は、海道弘司元常務取締役(故人・1986年6月〜92年6月)です。
 総合開発部担当として、カブトデコムやソフィアグループなどに直接手を下して、不良債権を増やしました。

 海道氏は北大の同窓であり、同期入行でした。
 父親の海道俊夫氏は、私が入行して最初の配属先となった札幌南支店の支店長で、結婚式の仲人までやってもらいました。
 あのお父さんのような豪放磊落さが、彼にもあればよかったと思います。

 同じ時期に常務取締役になり、机を並べたこともありましたが、結局は最後まで彼とは親しくなることはありませんでした。

―――――

 4人目は、秋田甫(はじめ)元常務取締役(1985年6月〜90年6月)です。
 彼は「バブルの申し子」のような男でした。

 私の個人的な意見ですが、自分勝手に動き回ったと言われても仕方がない振る舞いで、いいかげんな不動産関連融資をとりまとめ、のちに多額の不良債権となりました。

 彼は東京業務本部長でしたので、私が東京で取締役をしていたときの上司にあたります。
 審査も営業もみる本部長としての権限を、悪い意味で活用したといえます。

 1991年から93年まで雪印乳業の監査役を務めていましたが、不良債権の責任をとって辞めてもらいました。
 その後、どうなったのかは知りません。