人民元
Photo:Reuters

――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

***

 中国人が「バックドア(裏口)を通り抜ける」と言えば、ルールを何とかして回避するという意味だ。それは多くの場合、賄賂や個人的なコネを暗示している。

 中国政府は2016年以降、国外に向かう投資やその他の資本移動に対して厳しい規制を実施し、効果を上げてきた。つまり、フロントドア(表口)に鍵をかけ、資金流出を食い止めてきた。だが、最近の人民元相場の急落を受け、裏口の圧力が高まっている証拠が顕著となりつつある。

 元の対ドル相場は4月以降で6%近く、2018年中盤以降で10%下落した。仮に裏口がこれ以上大きく開けば――もしくは貿易・投資による資金流入が何らかの理由で枯渇すれば――、政府はパニックを避けるため、再び外貨準備を大量に売ることを余儀なくされるかもしれない。中国の通貨の要塞(ようさい)にひびが入ることへの懸念が、積極的な金融刺激策に政府が慎重になっているもう一つの理由とみられる。