9月12日の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)で一躍話題となった、富山県高岡市にある「能作」は、北陸新幹線・新高岡駅からタクシーで15分前後、日中でも3000円以上かかる。失礼ながら、あたりは何もない「片田舎」だ。
だが、今、ここに年間「12万人」が殺到している!
鋳物(いもの)の産地・高岡市といえば、瑞龍寺(年間約17万人)や高岡大仏(年間約10万人)が有名だが、今や、小さな町工場「能作」が観光名所の第2位に浮上。直近では「月1万人」ペースで、ビジネスパーソンから親子まで見学者が殺到しているのだ。
能作克治社長(61)は大手新聞社のカメラマンから一転、能作家の一人娘と結婚し、婿(むこ)入り。長い間、「マスオさん生活」を送ってきた。カメラマン時代は入社2、3年目で年収500万円超。それが鋳物職人となったとたん、年収は150万円と「3分の1以下」に急落したという。
そんなある日、「工場見学をしたい」という電話があった。小学生高学年の息子とその母親だった。工場を案内すると、その母親は、信じられないひと言を放った。
「よく見なさい。ちゃんと勉強しないと、あのおじさんみたいになるわよ」
その瞬間、能作は凍りついた。全身から悔しさがこみ上げてきた。同時に、「鋳物職人の地位を絶対に取り戻す」と誓った。
閉鎖的な高岡の地で「旅の人(よそ者)」といわれながら、1200度以上の熱風と対峙し鋳物現場で18年、4リットルの下血も経験しながら必死に働いた。
そして2017年、13億円の売上のときに16億円をかけ新社屋を建てた。すると、なんということだろう。社長就任時と比較して、社員15倍、見学者300倍、さらに売上も10倍になったのだ。
しかも、地域と共存共栄して敵をつくらず、「営業なし」「社員教育なし」で!
工場見学にきたある小学生は「ディズニーランドより楽しかった」と言ったとか。
今や、能作の商品は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)デザインストア、三越、パレスホテル東京、松屋銀座などでも大人気。世界初の錫100%の「曲がる食器」シリーズは世界中を魅了している。
そんな波乱万丈の能作克治社長の初の著書『〈社員15倍! 見学者300倍!〉踊る町工場――伝統産業とひとをつなぐ「能作」の秘密』が、ついに発売された。創業103年の「踊る町工場」で、一体全体、何が起きているのか?
多忙な能作克治社長を直撃した。

Photo: Adobe Stock

――今回は前回の続きで、下請けの「3K職場イメージを払拭する3つのこと」の2つ目以降を教えてください。

能作:わかりました。「3つ」の柱があります。
1.技術を磨いて問屋の信頼を得る
2.自社製品を開発・販売する
3.工場見学を受け入れる(産業観光に力を入れる)
 の2番目に触れましょう。

――当時の能作さんはどんな状況だったのでしょうか。

能作:当時の能作は、仏具、茶道具、花器をつくる下請け業者で、問屋の指示に従って製品を納めていました。
 ところが、高岡の鋳物生産は年々衰退していたため、需要が減れば、当然、問屋からの発注量も減ってしまいます。
 こうした状況に歯がゆさと危機感を抱いていた僕は、自社製品の開発に取り組んだのです。

――このままいくとジリ貧になると。

能作:はい。詳細は『踊る町工場』にも書きましたが、下請けをやめようと決意した理由は「5つ」あります。

1.問屋に依存しすぎる体制は、リスクが大きい。今までと同じやり方では将来が見えないと感じたから
2.メーカーである以上、自分たちがつくりたいものをつくり、自分たちの手で売ってみたいと考えたから
3.伝統の技術を活かしながら、最先端の製品をつくってみたいと思ったから
4.自分たちの技術がどこまで通用するか、挑戦したくなったから
5.「商品を使っているお客様の声」を聞いてみたいと思ったから(消費者ニーズに応える製品をつくってみたいと思ったから)

――明解ですね。

能作:これに至るまでに、大きなきっかけがありました。

――どんなことですか。

能作:1999年、高岡市デザイン・工芸センターで、立川裕大(たちかわ・ゆうだい)さん(日本各地の職人と建築家やインテリアデザイナーの間を取りなす伝統技術ディレクター)がコーディネートする勉強会が開かれました。

 勉強会の席で、立川さんが「アレッシィ(ALESSI)」(1921年にイタリアで創業したキッチンウェア中心のブランド)社製のステンレスボウルを例示して、「東京では、これが素材感のある食器として受け入れられている」と解説されたのです。
 その食器を見た僕は、「技術的には能作も負けてはいない」と感じました。

――技術に自信があったのですね。

能作:ある程度は(笑)。
「創業時期が近いこと(能作……1916年、アレッシィ……1921年)」
「能作もアレッシィも少人数でスタートしたこと」
「海外展開を視野に入れていること」
 など、能作とアレッシィには共通点も多かったことから、僕はアレッシィを参考にしながら、自社製品の開発に乗り出したのです。

――目標があるといいですね。

能作:そのとおりです。
 能作初のオリジナル作品は、卓上の「ハンドベル」です。
 能作が満を持して世に問う自信作でした。

能作初のオリジナル作品、卓上の「ハンドベル」

――なぜ、初の商品が「卓上ハンドベル」だったのですか?

能作:当社が扱ってきた真鍮は音の鳴りがよく、「おりん(棒で打ち鳴らして用いる仏具)」の製造でも定評があったため、「和」から「洋」につくり変えればヒットすると考えました。

――なるほど! それはたいそう売れたのでは?

能作:ところが、結果は大惨敗
 売れたのは、お取扱いをいただいた12店舗合わせても、3ヵ月でたった「30個」でした。

――30個だけ! それはショックでしたね。

能作:考えてみると、日本のライフスタイルの中では、ベルを使う習慣がありません。
 ご主人が奥さまを呼ぶ際にベルを使うことはないと思います。
 僕は、日本のライフスタイルに合っていない製品をつくってしまったわけです。

――ただ、初のオリジナル商品ですし、商品への想い入れも相当なものがあったのでしょうね。
 お辛かったのでは?
 どうやって切り替えていったのでしょうか。

能作:辛かったですが、幸運が舞い込みました。
 その後、ショップ店員さんから
「音色がとてもいいから
風鈴にしたらどうか」

 という意見をヒントに「洋から和」への転換を図り、ベルから風鈴へアレンジしたところ、狙いが的中。
たった3ヵ月で、
1個4000円もする風鈴が
「3000個」も売れた
のです。

――そんな「逆転人生」があるのですか。びっくりです。人生、わからないものですね。そのショップ店員さんすごいですが、その意見を愚直に製品化する能作社長もすごいです。

能作:もう土壇場でしたからね。やるっきゃなかったんです!笑
 富山の本社の雰囲気を少しでも知りたい方は、第1回連載もご覧いただけたらと思います。

能作克治(のうさく・かつじ) 株式会社能作 代表取締役社長
1958年、福井県生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒。大手新聞社のカメラマンを経て1984年、能作入社。未知なる鋳物現場で18年働く。2002年、株式会社能作代表取締役社長に就任。世界初の「錫100%」の鋳物製造を開始。2017年、13億円の売上のときに16億円を投資し本社屋を新設。2019年、年間12万人の見学者を記録。社長就任時と比較し、社員15倍、見学者数300倍、売上10倍、8年連続10%成長を、営業部なし、社員教育なしで達成。地域と共存共栄しながら利益を上げ続ける仕組みが話題となり、『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)など各種メディアで話題となる。これまで見たことがない世界初の錫100%の「曲がる食器」など、能作ならではの斬新な商品群が、大手百貨店や各界のデザイナーなどからも高く評価される。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」審査委員会特別賞、第1回「三井ゴールデン匠賞」グランプリ、日本鋳造工学会 第1回Castings of the Yearなどを受賞。2016年、藍綬褒章受章。日本橋三越、パレスホテル東京、松屋銀座、コレド室町テラス、ジェイアール 名古屋タカシマヤ、阪急うめだ、大丸心斎橋、大丸神戸、福岡三越、博多阪急、マリエとやま、富山大和などに直営店(2019年9月現在)。1916年創業、従業員160名、国内13・海外3店舗(ニューヨーク、台湾、バンコク)。2019年9月、東京・日本橋に本社を除くと初の路面店(コレド室町テラス店、23坪)がオープン。新社屋は、日本サインデザイン大賞(経済産業大臣賞)、日本インテリアデザイナー協会AWARD大賞、Lighting Design Awards 2019 Workplace Project of the Year(イギリス)、DSA日本空間デザイン賞 銀賞(一般社団法人日本空間デザイン協会)、JCDデザインアワードBEST100(一般社団法人日本商環境デザイン協会)など数々のデザイン賞を受賞。デザイン業界からも注目を集めている。本書が初の著書。
【能作ホームページ】 www.nousaku.co.jp