女性30代~40代で、多くの人が経験する「今まで似合っていたものが似合わなくなる問題」。カジュアルな服を着るとパジャマに見えたり、スーツやワンピを着ると参観日のお母さんに見えたりして、なんだかちぐはぐな感じに…。

 実はそれ、服のせいではなく、髪型とメイクを若い頃から更新していないからかもしれません。

 3ヵ月待ちの、マンツーマン美容コーチング+ヘアメイクレッスン「ビューティチェンジ」で1000人の女性の変身をお手伝いしてきた姉妹ユニットの姉・山口直美さん(ヘアメイクアップアーティスト)と妹のeriさん(メンタルコーチ)の初の著書「激変!ビフォア・アフター-今のあなたを最も美しく魅せるヘアとメイクの法則」から、大人女性を激変させる、目からウロコの髪型とメイクの法則をご紹介します。

メイクで元の顔を底上げ、髪型で印象操作

左:自分メイクのビフォア。右:アフター。髪型を変え、元々の顔の立体感を活かすメイクで美しさ3割増しに!

「ビューティチェンジ」では、ヘアとメイクの両方を同時に変えることでその人の“今の最高”を引き出します。
 ヘアとメイクを両方、同時に変えることで、それぞれが少しずつの変化だったとしても、相乗効果で予想を超えた大変身ができるのです。

 では、メイクとヘアの果たす役割とはそれぞれ何でしょうか? メイクは、一言で言えば、長所を際立たせたり、短所を目立たなくしたりして、本来の顔立ちをさらによく見せる「底上げ効果」を発揮するもの。上級者は、トレンドや好きなテイストを盛り込んだりして自己表現のツールにもできます。

 1000人以上のビューティチェンジのお客さまと接してきて思うのは、多くの方が、若い頃に知ったメイク方法をそのまま続けていて、今現在の自分の美しさを引き出せずにいることです。特にアラフォー以降の方は、ベースメイクやポイントメイクの方法などで、万人が見違えるほど美しくなる黄金法則があるのに、それを知らない方がとても多いのです。