ブルーライト
Photo:PIXTA

ブルーライトは老化を早める?

 スマートフォン、パソコン、照明器具などが発するブルーライト(青色光)に日常的に曝露すると、たとえその光が眼に届いていなくても、老化が早まる可能性があることが、昆虫を用いた研究で示された。米オレゴン州立大学教授のJaga Giebultowicz氏らによると、発光ダイオード(LED)が発するブルーライトは、網膜だけでなく脳細胞にも損傷を与える可能性があるという。詳細は、「Aging and Mechanisms of Disease」10月17日オンライン版に掲載された。

 LED照明や電子機器の利用が普及するにつれ、ヒトのブルーライトの曝露は増大の一途をたどっている。しかし、LEDの技術は開発されてからまだ日が浅いため、生涯にわたるブルーライトの影響については分かっていない。そこでGiebultowicz氏らは、キイロショウジョウバエ(以下、ハエ)を用いて、その影響を調べる研究を行った。

 その結果、毎日12時間ブルーライトを浴び、12時間暗闇の中で過ごしたハエでは、暗闇の中だけで過ごしたハエやブルーライトをカットした光の中で過ごしたハエに比べて寿命が有意に短いことが分かった。また、ブルーライトを浴びたハエでは、網膜細胞と脳の神経細胞に損傷がみられ、ハエがよく行う壁をよじ登る能力も低下していた。

 ハエの一部は眼のない突然変異体であったが、それらでもブルーライトに曝露すると脳の神経細胞の損傷が認められ、運動機能も低下していた。このことから、脳の神経細胞の損傷や運動機能の低下は網膜の変性とは関係なく生じている可能性があると研究グループは指摘している。