メカニズム

 ボディは超高張力鋼板を全体の30%使用した軽量・高剛性仕様。遮音性向上のためボディパネルと内装マットの間にスペースを設けた“2重壁”構造を採用。各部の入念なシールの見直しでクラス水準を抜く静粛性を目指した。

 販売主力は1.8リットルディーゼルと2リットルガソリン。1.8リットルディーゼルのスペックは116ps/4000rpm、270Nm/1600~2600rpm。WLTCモード19.2km/リットル(FF)の好燃費と、豊かなトルクが魅力。エコカー減税(重量税)免税対象車で、自動車税の環境性能割は非課税、自動車税のグリーン化特例は概ね75%減税になる。ディーゼルのトランスミッションは6速ATのみ。

 2リットルガソリンは軽快性を追求。スペックは156ps/6000rpm、199Nm/4000rpm。6速ATと6速MTが選べ、WLTCモード燃費は15.4km/リットル(FF・AT)。エコカー減税(重量税)と自動車税のグリーン化特例は対象外、自動車税の環境性能割は2%。スカイアクティブXの詳細は未定だ。

 メカニズム上のアピール点は、改良型の4WDシステム。Gベクタリングコントロールと協調し、走行状況に応じて前後輪のトルクを適切にフォワード制御。さらに悪条件下での走破性を高めるオフロード・トラクションアシストを追加した。オフロード・トラクションアシストは悪路スタック時の脱出をサポートするシステム。グリップを失った空転輪にブレーキを掛け、接地輪にトルクを伝えて安心の走りをサポートする。

 プラットホームはマツダ3から導入を開始した新世代を利用。CX-30用はマツダ3をベースにリア回りを新設計して搭載している。

 サスペンションはフロントがストラット式、リアがトーションビーム式。マツダ3比で重心高が35mm高く、ホイールベースが70mm短いものの、「マツダ3と同等の安定性とナチュラルな操縦性を実現した」と、メーカーは説明している。