ポルシェ911カレラ4Sクーペ
ポルシェ911カレラ4Sクーペ 価格:8SMT 1772万円 最新992型のスタイリングはキープコンセプト フロント回りはフード上に刻まれた“空冷時代”を思わせるプレスラインが特徴 現在のラインアップはカレラ/カレラS/カレラ4S(各車クーペとカブリオレ) Photo by Akihiko Kokubo

8thモデルとなるブランニュー911、992型が上陸した。新型は2WD/4WDとも全幅1852mmのグラマラスフォルム。カレラ4Sは450psを発揮する3リットル水平対向6気筒ツインターボをリアオーバーハングに搭載し、4輪を駆動する。パフォーマンスは、トップスピード306km/h、0→100km/h速3.4秒と圧倒的。新型は“伝統と革新”のまさにスーパーな911、マニア垂涎のマトである。

ポルシェ初の量販ピュアEVは
まさに社運をかけた1台

 ポルシェは、ピュアEVスポーツカーのタイカンを発表し、新たな時代に突入した。巨額の投資を行って生産拠点を新設したポルシェ初の量販ピュアEVは、まさに社運をかけた1台だ。

 とはいえ、このブランドにあって、つねにその象徴であり、イメージを牽引する存在は911シリーズだ。時代の趨勢(すうせい)から見て、最後の“純エンジン搭載911”となりそうな最新モデル、992型がいよいよ日本に上陸した。

 ボディサイズは全長×全幅×全高4519×1852×1300mm。ディメンションは従来の991型(同4499×1808~1852×1298mm)とほぼ同じ。後輪径がワンサイズ大きいタイヤを標準採用する仕様になって、新型は“ワイドボディ”を全車に標準化。1852mmという全幅は、従来のカレラ4系と同値である。“どこから見ても911”なルックスの特徴は、新たにフロントフード上に刻まれた“空冷時代”を想起させるプレスライン、左右テールランプ間を結ぶLEDストリップ、ルーバーと一体にビルトインされたハイマウントストップランプである。グリップタイプだったドアハンドルが、走行時にフラッシュサーフィス化するリトラクタブル式に変更された。