他方、米国が朝鮮半島で実行する軍事行動には制約が出てくる。日韓でGSOMIAがなくなれば、日米、日韓での軍事行動の際に、GSOMIAに参加していない国の保有する機密情報を使うことができなくなるからだ。

 GSOMIAがある状態での有事の際、米軍と韓国軍、米軍と自衛隊は速やかに共同で軍事作戦を実行する。そして、共同作戦を行うにあたっては、米軍は独自に入手した情報に、日本や韓国から得た情報を全て加えて作戦を立案する。その際には「日本から得たものだから、日米共同作戦にしか使用しない」といった区別はしない。日韓にGSOMIAがないと、日米韓の共同作戦に支障をきたすことになる。

 韓国は、米国からGSOMIAに残るよう再三の働きかけを受けているにもかかわらず、ギリギリまで破棄の決定を見直そうとしなかった。この過程を米国はどのように受け止めるであろうか。米国にしてみれば、韓国はもはや同盟国として信頼できない相手だと考えざるを得ないのではないだろうか。

 韓国は、米国が嫌がるGSOMIA破棄を持ち出すことで、米国から日本に働きかけさせようとしたようだが、これは下手な戦術的計略で、戦略を誤ったということだった。

日韓関係は韓国側の
思う通りにはならない

 日韓関係では、これまで緊迫する場面が多々あった。しかし、その度にこれを乗り越えてきたのは、国民感情を刺激することの少ない問題をまず解決し、雰囲気を良くしたところでより難しい問題に取り組むという、外交的知恵であった。GSOMIA問題が前進したことで、日韓に残された大きな懸案は元徴用工をめぐる大法院判決の取り扱いの問題となる。

 日本は、元徴用工問題が日韓関係の根本を覆す問題であり、日韓請求権協定を全面的に尊重するものでなければ、一切の譲歩はできないとの立場である。GSOMIAにおいても韓国側は日本の原則的立場の変更を求めてきた。GSOMIAで日本が原則的立場を一切譲らなかったことで、元徴用工の問題でも日本は譲らないという教訓を、韓国側が得てくれればと思う。

GSOMIA破棄凍結で、韓国は
かろうじて日米韓の一員と認められる

 米国はGSOMIAを日米韓連携の重要な要素と見ていると同時に、対中牽制という枠組みでも見ている。

 韓国がGSOMIAを破棄したならば、今後米国は、韓国に対して米国を取るのか中国を取るのか、さまざまな側面で決断を求めてきたであろう。