少額から始める個人投資家にとって、
おすすめの投資は「FX」でも「仮想通貨」でも「投資信託」でもない。
「小型株集中投資」が一番である。

ほとんどの人は、こう思っているのではないか?

「集中投資は高リスクで危険」 「分散投資は低リスクで安全」
「無名企業の小型株は不安定で損する」 「有名企業の大型株は安定して儲かる」

これがあたかも常識のように思われているが、実際のところ「非常識」、大間違いなのである。

分散投資が有効なのは、億単位の資産家のこと。
手元資金が限られる個人投資家が同じことをしても、お金はたいして増えない。

実は小型株集中投資こそ、低リスク&高リターン。究極の投資法なのだ。

これは大学生のときに知識ゼロから投資を始め、さまざまな失敗を経験しつつも、大きな資産を築いた
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の著者がたどり着いた“投資スタイルの結論”。

基本的な戦略は、1年以内に株価3倍以上になる「小型株」を見つけて、1銘柄に集中投資すること。
​ふつうの会社員でも、控え気味のシミュレーションでも、10年あれば1億円つくれる。

著者は大学卒業後、ベンチャー企業に勤めたものの、小型株集中投資で得た資金をもとに26歳で早々に独立。
現在は1年の半分は国内外を旅行しながら投資をして、悠々自適に自由を謳歌している。

その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医者、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1200人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。
噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用して欲しい」と頼まれたこともあるが外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。

最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1200%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている著者が、自らの投資手法を初公開する。

Photo: Adobe Stock

STAGE 3 資産1000万円〜3000万円

 ここまでたどりつけば、ここから先は一気に楽になります。

 投資額が大きくなる分、自分の売買で株価に与える影響が大きくなる銘柄もあるため、1 銘柄だけの集中投資は難しくなってきます。

 リスク回避の意味で分散投資を意識しがちですが、投資先はやはり多くても3銘柄までにしましょう。

 そのほうが投資した後の値動きやニュースをきちんとキャッチアップできますから、多くの銘柄に分散投資するより、結果としてリスク回避になります。

 しつこくいっておきますが、必要以上の分散投資は、絶対にやめたほうがいいです。

 自分がどの銘柄を何株持っていて、その会社がどんな状況かを把握しにくくなりますし、そもそもなぜ買ったのかさえわからなくなる人もいます。

 このステージで多少の資産はあるけれど、投資の成績はイマイチという人は、必要以上に分散投資しているケースがとても多いのです。

 もしものときのために、余剰資金を備えておくこともお忘れなく。余剰資金の目安は全資産の1〜2割です。