少額から始める個人投資家にとって、
おすすめの投資は「FX」でも「仮想通貨」でも「投資信託」でもない。
「小型株集中投資」が一番である。

ほとんどの人は、こう思っているのではないか?

「集中投資は高リスクで危険」 「分散投資は低リスクで安全」
「無名企業の小型株は不安定で損する」 「有名企業の大型株は安定して儲かる」

こんな常識は、実際のところ非常識、大間違いなのである。

分散投資が有効なのは、億単位の資産家のこと。
手元資金が限られる個人投資家が同じことをしても、お金はたいして増えない。

実は小型株集中投資こそ、低リスク&高リターン。究極の投資法なのだ。

これは大学生のときに知識ゼロから投資を始め、さまざまな失敗を経験しつつも、大きな資産を築いた『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の著者がたどり着いた“投資スタイルの結論”。

基本的な戦略は、1年以内に株価3倍以上になる「小型株」を見つけて、1銘柄に集中投資すること。
ふつうの会社員でも、抑え気味のシミュレーションでも、10年あれば1億円貯まる。

著者は大学卒業後、ベンチャー企業に勤めたものの、小型株集中投資で得た資金をもとに26歳で早々に独立。
1年の半分は国内外を旅行しながら投資をして、悠々自適に自由を謳歌している。

その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医者、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1200人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。
噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用して欲しい」と頼まれたこともあるが外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。

最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1200%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを達成している著者が、自らの投資手法を初公開する。

Photo: Adobe Stock

ビジネスモデルを
人に説明できるレベルまで理解する

 米経済誌『フォーブス』が発表した2019年版世界長者番付で第3位、純資産840億ドル(9兆750億円)の大投資家ウォーレン・バフェット氏は、「事業内容を理解できない会社には投資しない」といいます。

 アルバイトで貯めたお金を元手に1代でギリシャの国家予算に匹敵する金額の資産を築いた「投資の神様」ですら、理解できない会社には投資しないというのに、一般の個人投資家が投資先のビジネスモデルをきちんと理解しないで投資しても勝てるはずがありません。

 おそらく個人投資家の多くは決算資料に目を通すこともなく投資し、結果として株式市場から退場しています。

 ビジネスモデルを理解しないまま投資するのは、よく知らない人にお金を貸すようなものです!

 あなたは知らない人にお金を貸しますか? 貸しませんよね。

 投資したい銘柄をみつけたら、その会社がどんなビジネスモデルで、どうやって儲けているのか、他人に説明できるくらいには理解しましょう。

 逆にいうと、ビジネスモデルを理解できない会社は、投資対象から外すべきです。

 私の場合、IT業界や飲食・健康関連の消費者向けビジネス(BtoC)は、会社員時代の仕事や個人的な趣味・趣向にあっていて、ビジネスモデルについて楽しみながら情報収集できます。

 その一方、メーカーや企業向けビジネス(BtoB)となると、関心度が低い分、他人に説明できるレベルまでは理解できないと自覚しているので、投資先にはなりにくいです。

 このように自分の仕事や得意分野から投資先を探していくと、楽しみながら理解を深められますし、おのずと勝率も高まっていきます。