少額から始める個人投資家にとって、
おすすめの投資は「FX」でも「仮想通貨」でも「投資信託」でもない。
「小型株集中投資」が一番である。

ほとんどの人は、こう思っているのではないか?

「集中投資は高リスクで危険」 「分散投資は低リスクで安全」
「無名企業の小型株は不安定で損する」 「有名企業の大型株は安定して儲かる」

こんな常識は、実際のところ非常識、大間違いなのである。

分散投資が有効なのは、億単位の資産家のこと。
手元資金が限られる個人投資家が同じことをしても、お金はたいして増えない。

実は小型株集中投資こそ、低リスク&高リターン。究極の投資法なのだ。

これは大学生のときに知識ゼロから投資を始め、さまざまな失敗を経験しつつも、大きな資産を築いた『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の著者がたどり着いた“投資スタイルの結論”。

基本的な戦略は、1年以内に株価3倍以上になる「小型株」を見つけて、1銘柄に集中投資すること。
ふつうの会社員でも、抑え気味のシミュレーションでも、10年あれば1億円貯まる。

著者は大学卒業後、ベンチャー企業に勤めたものの、小型株集中投資で得た資金をもとに26歳で早々に独立。
1年の半分は国内外を旅行しながら投資をして、悠々自適に自由を謳歌している。

その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医者、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1200人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。
噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用して欲しい」と頼まれたこともあるが外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。

最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1200%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを達成している著者が、自らの投資手法を初公開する。

Photo: Adobe Stock

みんなが欲しいと思う商品を提供している

 この項目だけは、必ずチェックしましょう。

 株価が大きく上昇するためには、その会社の業績が大きく上昇する(もしくは、上昇するだろうと多くの投資家に思われる)必要があります。

 業績を大きく上昇させるためには、世の中の多くの消費者が「欲しい!」「買いたい!」と思う商品・サービスを提供することが必須です。

 友人や家族がハマっているゲーム、街で見かけた長い行列ができている飲食店、最近よく目にするようになった広告など、実は私達の身近なところに新たな投資先のヒントがたくさん転がっています。

 これまでみすごしていた“身近な投資情報”をキャッチできるようになることが、勝てる投資家になる第一歩です。そのためにはあなたの「消費者目線」が役立ちます。

「自分ならこの商品・サービスにお金を払うだろうか?」という消費者目線で自問自答することは、シンプルながらも投資判断の本質的な問いかけになります。

 投資するからには、少なくとも「自分が使いたい」とか「家族や友人にすすめたい」と思うような商品・サービスを展開している会社がいいです。

 トレンドに敏感な消費者であることが、投資で大きなリターンを得る近道でもあるのです。

 実際にみんなが欲しいと思う商品・サービスが提供できていなかったとしても、「今後提供できるかもしれない!」という期待だけで株価が急上昇することもあります。

 たとえばですが、オンラインゲーム開発中のITベンチャーや新薬開発中のバイオベンチャーなどがそうです。

 後に詳しく説明しますが、一時的な期待で急上昇したとしても、蓋を開けてみて、実績(売上や利益)をともなわないことがわかると、株価は暴落してしまうので注意が必要です。

 株式投資は、「美人コンテストで誰が優勝するかを当てるゲーム」でもあります。

「自分がいちばんカワイイと思う人」に投票するのではなく、「みんながいちばんカワイイと思う人」に、まわりのみんなよりも、ちょっとだけ早く投票するのが投資で大きなリターンを得るためのコツです。

 その意味では、たとえ自分がいいと思わない商品・サービスだとしても、自分以外の多くが「欲しい、買いたい!」と思うなら、それを提供している会社の株価がぐんぐん伸びていく可能性が高いです。こうした視点もあわせて持っておくといいでしょう。