1万人を超えるリーダーは、「同じこと」に悩んでいた。
本連載は、1万人を超えるリーダーから寄せられた「悩み」に対し、明確な答えを提示するものだ。
著者は、日本最高峰のビジネススクール「経営アカデミー」で18年以上の登壇実績を誇り、経営者や企業幹部を指導してきた浅井浩一氏。全国で年間100回以上の研修や講演を行い、コンサルタントとしても現場に入り込む
「離職率を抑え、メンタルを病む人をゼロにし、なおかつ目標を達成し続ける」ために、リーダーとともに考え、行動し、悩みの解決を図る。業種・業態を問わず、職場再建率は100%。これまで指導してきたリーダーの数は1万人を超える。近著に『1万人のリーダーが悩んでいること』がある。

Photo: Adobe Stock

【悩み】組織がぐちゃぐちゃの状態で引き渡されたのに「成果を出せ」と言われることに納得できません。

 私は転勤族でした。この質問を読み、業績が低迷しているチームを任されたときのことを思い出します。さぞかし苦しいことでしょう。

「成果が出ていないチーム」を「成果を出すチーム」に変えるのがリーダーの仕事なのだと言われても、「成果が出ているチーム」で成果を出すほうがはるかに楽です。「貧乏くじを引いた」と嘆きたくなる気持ちもわかります。

 業績が低迷しているチームを任されて落胆しているとき、信頼している先輩がこんな言葉をかけてくれました。

「浅井、考えてみろ。成果が出ているチームを任されたのに、自分がリーダーになった途端どんどん業績が落ちていくのも、それはそれでつらいぞ。でも、成果が出ていないぐちゃぐちゃのチームを任されたら、ちょっと成果を出しただけでも『さすが浅井』とほめてもらえる。これはラッキーなことじゃないか」

 たしかにそうだと感じました。先輩は言葉を続けます。

「ぐちゃぐちゃの状態を立て直すことができれば、いい経験になる。でも、焦って何かを施せば成果が出るようになるというものでもない。立て直しには時間がかかる。まずは『何がぐちゃぐちゃなために成果を出せないのか』をしっかり観察して整理し、対策を練ることに専念したらどうだ」

 私は先輩の言葉で、前向きになることができました。質問をしてくれた方にも、先輩のアドバイスをそのまま贈ります。