ボルボV40
小さい体にボルボらしさを凝縮したV40。今買わないときっと後悔する!?

ボルボ V40で宇都宮をショートトリップ

「残り物には福がある」という古来からあることわざが、そのままクルマに当てはまるかどうかは微妙だ。しかしその英語バージョンといえる「last but not least(最後ではあるが、最小ではない)」であれば、ある種のクルマにはハマるのかもしれない。

 何の話かといえば、ボルボの5ドアハッチバック「V40」がモデルライフの超末期を迎えて近々生産終了となるのだが、その最終型V40がまさに「last but not least」だったという話だ。

 最終型ボルボV40の何がどう「last but not least」だったのか? ということをこれからご説明申し上げたいわけだが、その前に「そもそもボルボV40とは何ぞや?」という部分を軽くご説明しておこう。