「下の血圧が低いから安心」
は実は大きな間違い

 動脈硬化は通常、全体的に見て「細い血管」から「太い血管」へと進行していきます。加齢に伴って末梢の細い血管のみならず中枢の大動脈までもが動脈硬化になり厚く硬くなっていきます。

 そしてこの太い血管の動脈硬化の状況を知る手掛かりとなるのが「脈圧」です。

「脈圧」とは、一言で言ってしまえば、心臓が血液を送り出すときに生まれる圧です。

 脈圧は「上の血圧から下の血圧を引く」ことで得られます。

 上が140、下が80の人は、「140-80=60」です。

平均血圧と脈圧

 脈圧が大きければ大きいほど、心臓の負担は大きいということになります。基準となる数字は60です。これ以上になると太い血管の動脈硬化が疑われます。

 60歳を過ぎると「上の血圧は高くなるけれど、下の血圧が低くなる」という現象が起こってきます。

 たとえば上が170、下が80などといった数値を示す人がいます。

 これをもってこのように考える人がいます。

「私は上の血圧は170と高いものの、下は80と正常値の範囲だからちょっと安心だ」

「自分は、上は高いけれど、下が低いから、大丈夫」

 実はこれは大きな間違いです。

「上が170、下が80」の人は平均血圧が110、脈圧は90と基準値を大きく上回ってしまっています。

 これは、末梢血管も太い血管もともに動脈硬化がかなり進んでしまっている可能性があります。

「下の血圧が低いから安心」と、切り離して考えるのではなく、上の血圧とのセットで見ていく必要があるのです。