ハワイを象徴する言葉、アロハ
ハワイを象徴する言葉、アロハ(ALOHA) ©iStock

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、ハワイ旅行の最新情報をお届けします。誰でも一度は聞いたことがあるハワイの言葉「アロハ(ALOHA)」。実は、ハワイの人々の心を表現する、とても精神性の高い言葉なのです。今回は「アロハ(ALOHA)」に込められた意味に迫ってみたいと思います。(文/オフィス・オハナ 写真/iStock)

ハワイの言葉「アロハ(ALOHA)」はどのように使われる?

ハワイ州は別名「アロハ・ステイト」と呼ばれています
ハワイ州は別名「アロハ・ステイト」と呼ばれています ©iStock

「アロハ(ALOHA)」は、一般的に挨拶の言葉として使用されています。ハワイへ訪れて最初に現地の人に声をかけられた言葉は「アロハ~」ではありませんでしたか? また、別れの挨拶や愛を告げるときにも使われています。つまり、日本語で「やあ」「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」「いらっしゃいませ」「さようなら」「またね」「愛しています」と言うとき、ハワイでは「アロハ(ALOHA)」という、ひとつの言葉ですべてを表現しています。