路上で寝ている人たち
路上で寝ている人たち
路上で寝ている人を物珍しそうに見る観光客たち
路上で寝ている人を物珍しそうに見る観光客たち

 どうやら外国人観光客の間で、西成とはアメリカ・ニューヨークのハーレムを思い起こさせるカッコいい街であり、「日本のハーレム」という認識なのだという。そのハーレムは治安の悪さで知られている。西成にもそうした印象を持つ人は少なくない。だが、これは日本人の間だけの話のようだ。アメリカからやってきたという20代の男性観光客は、数日過ごした西成の印象を次のように語った。

「銃を持ってるヤツもいなさそうだし、路上で寝泊まりしている人もいるけど、みんな小柄なおじいちゃんばかりじゃないか。怖さはない。むしろ可哀そうだ。とても心配だね」

 身長は優に180cmはあろうかという屈強な体格で、銃社会といわれるアメリカで育った若い男性から見れば、西成は、世界の中でも治安が良いとされる日本、その安全の上に成り立つ、作られた「スラムもどき」の街に映るようだ。