世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著が、なんと大手書店のベストセラーとなり、話題となっている。BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した本だ。なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか?
脳研究者で東京大学教授の池谷裕二氏が絶賛、小説家の宮部みゆき氏が推薦、某有名書店員が激賞する『哲学と宗教全史』が、2400円+税という高額本にもかかわらず、7万部を突破。「日経新聞」「日経MJ」「朝日新聞」「読売新聞」「北海道新聞」「中国新聞」「京都新聞」「神戸新聞」「中日新聞」にも掲載。“HONZ”『致知』『週刊朝日』『サンデー毎日』「読売新聞」でも書評が掲載された。
このたび、8/8に発売された本書が、開店50周年を迎えた紀伊國屋書店梅田本店で12/7に「実売1000冊」を達成した。その一報を聞きつけた担当編集が、発売前から熱心に本書の販促に関わってきた紀伊國屋書店梅田本店の百々典孝(どど・のりたか)氏と合流。業界屈指の書店員と担当編集との初対談。どんな裏話があったのだろうか。(構成・寺田庸二)

店頭にそびえる「出口の入口」

――今回は高額本にもかかわらず、発売直後に大部数の重版が決まったので、当社の梅田本店担当営業が「たまげました」とクラクラしていました。あの初速にはびっくりしましたね。そして、発売3日目の19年8月10日(土)に、大阪梅田で開催された出版記念講演会に131名様がきてくださった。その講演前に百々さんと僕で制作秘話をお客様の前で少し話しましたね。
あのときのお客様の熱気がすごかった。大阪から全国へ熱気が飛び火した感があります。

百々 今、7万部ですからまだまだいけます。
でも、僕は発売前から見えていました。この年末年始の状況は!(笑)

――僕は、さすがに、2019年中に、紀伊國屋書店梅田本店で「実売1000冊」を達成するとは思ってもみませんでした。

百々 僕は行くと思っていましたが、ハイペースなのは事実です。

――梅田本店といえば、去年開店50周年を迎えた伝統ある書店で、僕も大阪に行くと必ず立ち寄るところです。
僕は、刊行3日目の2019年8月10日と10月4日に梅田本店にお邪魔した。特に、びっくりしたのは、10月4日。発売2ヵ月も経っているのに、正面入口に「出口の入口」がドーンとあって、『哲学と宗教全史』が、あの一等地の入口に爆弾積みにされていた。正直、この世のものとは思えなかった。編集者になってよかったとしみじみ思いました。

「出口の入口」

百々 うちは、入門書は売りやすいのですが、専門書は売れにくい面もあります。
でも、僕は『哲学と宗教全史』をとことん売っていきたいと思った。だから、
「出口さんからのメッセージ」
「担当編集者からのメッセージ」
「なぜこの本を薦めるのか」
などをPOPにして、
どの店舗より売っていこうと決めた
んです。

「出口さんからのメッセージ」
拡大画像表示
「担当編集者からのメッセージ」
拡大画像表示