【テヘラン】イランの最高指導者アヤトラ・アリ・ハメネイ師は17日、当地のモスク(イスラム礼拝所)の金曜礼拝で8年ぶりに説教し、政府を一丸となって支援するよう国民に呼びかけた。  イラン軍がウクライナ国際航空の旅客機を誤射し、乗客乗員176人全員が犠牲になった件を巡る反体制派の抗議デモを一蹴した。その一方で、イラン革命防衛隊のガセム・ソレイマニ司令官が殺害された報復として、イラク駐留米軍に対する攻撃をたたえた。  ハメネイ師は国営テレビで生放送されたモサラ・モスクでの説教で「われわれは航空機の墜落を嘆き、心には悲しみが広がったが、敵はそれを喜んでいる」と話した。