控除のもれやミスがないかも
源泉徴収票でチェックできる

 さて、多くの人が「手取り年収」と思い違いをしている「給与所得控除後の金額」についての解説が後回しになっていた。まずは、下図を見てほしい。

 給与収入は源泉徴収票では「支払金額」。つまり額面年収のこと。収入に対して、いきなり税金がかかるわけではなく、まず給与収入に対して一定の「給与所得控除」が引かれる。給与の「非課税枠」と考えるといい。サラリーマンのみなし経費の位置づけだ。

「給与所得控除」を差し引いた残りが、前述の「給与所得控除後の金額」。さらに各人の事情により金額が変わる「所得控除」、たとえば社会保険料、扶養控除、生命保険料控除などを差し引いて、残った金額が「課税所得」となる。

 源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」の右となりにある「所得控除の額の合計額」が、あなたの「所得控除」の合計額である。この金額が多いほど、課税所得は低くなり、税金が安くなる。

 なので、源泉徴収票の下のほうにある「扶養親族」の欄で、扶養親族のもれがないかどうか確認することも重要。住宅ローン控除を年末調整で受けた人は、その金額にミスがないかもチェックしたい。

 給与所得控除は縮小傾向にある。控除が縮小するとは、増税ということ。「自分の暮らしのサイズのもと」を知るために、源泉徴収票を活用し、毎年の手取り収入の計算をしていただきたい。

(株式会社生活設計塾クルー ファイナンシャルプランナー 深田晶恵)